« ⑤ベネチア | メイン | サッカー »

2008/06/15

コメント

ん~ん、どうもおかしいと思ってたんだよね!怪しいと思ってたんだよね!

ん~ん、ドゥオーモあの辺が引っかかってたんだよね!


・・いやね、何の話かと言うとね、5枚目のレオナルド・ダ・ビンチの写真の事なんだけどね、

何故、ダ・ビンチは下を向いて考え込んでるんだろう?なんて思っちゃってね、、

で、その謎がようやく紐解けたんでね、ここで発表したいと思います!というわけで!!

【5枚目の写真、レオナルド・ダ・ビンチは、毎回、この辺を通るたびに

 電気のコードに引っかかるので凹んでいる!】

(写ってない足元は電気のコードに絡まっている!)

東方見聞ならぬ西方見聞で心豊かな思いを味わえたようで
旅を満喫できた様子が伝わってきました。

新旧日本の街並み好いところはたくさんあります。
建築物も伝統も古(いにしえ)の人たちの思いを
受け継ぎ次の世代に引き継がなければならないですね。

ミラノのドゥオーモってすごい建造物ですね。
クレーンもない時代、どうやって建てたんだろう?
僕もイタリア行ってみたいです。

また楽しいレポートお待ちしています。

多分、天使の男の子も中岡さんを見て女神だと思ったんでしょうね(笑)『そこは(笑)じゃありません!』

今、本が読めない程の目のコンディションになってしまいました。が、貴方様のニュー・ダイアリー(NEW DIARY)は何とかして頑張って一生懸命読んでいます。お書きになった日記を読み、お撮りになったお写真を観、…全て私の心の中に残します…。

いいなぁ、イタリア・・・
イタリア人に生まれたかったw
好きなイタリアで作られた(らしい)自転車にのって来週、放浪の旅に出ます。
かなり無謀なスケジュールを組んでいるのですが、持ち前のねばりの精神で
乗り切りたいと思います!

結構昔ですけど、きょうの健康で由佳さん、自転車に乗って飛ばしてましたよね!?
今も乗ったりしてらっしゃるのでしょうか。。

さすがレポーターですね!

由佳さんのおかげで古き良きイタリアの
雰囲気を少し味わえました。
素敵な旅日記をどうもありがとう♪
とても楽しかったです(^^)
更新、お疲れ様でした。

ドゥオーモって外観も中もすごくて圧倒されますね。
何だか祈りたい気分になりました。


由佳さんを見てニコニコしていた
男の子の気持ち分かりますっ
きっと由佳さんの笑顔をみて天使みたいって
思ってたはずですよ~


イタリア旅行の写真とお話ありがとうございました。
イタリア気分を味わう事が出来てとても楽しかったです。

イタリアはもちろん、ヨーロッパ諸国をまわってみたくなりました!!

進化していく事も大事ですが、今までの歴史や文化を大切にしていかないといけないですね。

イタリア旅行の報告参考になったよぉ。もの凄くイタリアが好きになりそうです!
イタリアはヨーロッパで最初の都市国家だからまず第一にここに訪れなきゃね。
上から三枚の写真は圧巻です。レオナルド・ダヴィンチはダビンチコードって映画
で興味を持ちました。かなり謎めいた人で芸術や哲学、数学、科学、宗教に至る
相当な天才ですね。それにしても旅行楽しかったみたいでなによりです。
やっぱ由佳さんのレポは最高にいいですね~!!

こんばんは。
こちらこそ、美しいイタリア旅行の写真の数々、ありがとうございました。
日本も世界に誇れるような街にしたいですね。
お疲れ様でした。

ドゥオーモって、すごい荘厳感(っていう言葉はないと思うが!?)
初めて見たのですが、
写真でこれだけびっくりしたのは久しぶりです。

ブログ拝見して、
ほんとに充実した旅だったのでしょうね。
そして、盛り沢山の内容で、
ほんとにお疲れ様でした。

いっぱい堪能させていただきました。
ありがとうございました。

由佳さん、お付き合いだなんて・・・一瞬ドキッとしてしまいます(笑)。

でも、本当に素晴らしいですね。
南イタリアしか行ってないので、ローマ以北にも行ってみたくなりました。
というか、しばし仕事をさぼ・・いや離れて、ヨーロッパ中を旅してみたいですね。

でも、このような歴史性と美とを兼ね備えた街、建物、佇まいは、
やっぱりイタリア人の誇りが価値を見出し、守り、育んできたのでしょうね。
日本は基本的に木の文化でしたから、歴史性を維持するのは簡単ではないけれど、
せめて気持ちだけは、和をもって尊しとする、まごころある日本人でありたいです。

そう、由佳さんのように。

ドゥオーモ先っちょ尖がってて痛そう><

イタリア男はグラサン率高いすね、紫外線が弱点のようですね

ほんと、西欧の子供ってなぜあんなにかわいいのでしょうか

由佳様。

小生も由佳様の天使のような笑顔に癒されております♪

由佳さんの写真はやっぱり素敵ですね。
またいろんなところの写真をぜひ見せてください。
でも僕は、景色より毎日の食事メニューがおいしそうでうらやましかったです(-o-;;;)

なんか 由佳さんと一緒に旅行した気分になりましたよ(^-^) どうもありがとう!

大事な事を言い忘れました!

トップの由佳さんの写真、かわいいです。

写真を見ていると何だかどこかのテーマパークのようであって、
でもそんなものより遥かに風格があって(当たり前か)素敵過ぎる町並みですね。

由佳さんが良い旅をしてきた様子が伝わってきました。
良い写真を見せてくれてドゥオーモありがとう!

本当に日本は日本の伝統文化を大切にしていきたいものです。
日本の良い町並みは良き日本人の心からきっと生まれるのでしょうね。

Cia^o^.!! 由佳さん !!
素敵な旅日記をありがとうございました。
ドゥオーモには圧倒されますね。
いつかはイタリアに建築、美術、サッカーの旅に出たいものです。
一番感動した、胸に残った場所ってどこですか。
やっぱり人との出会いが一番かな?

きれいな写真、ドゥオーモありがとうございます。

ドゥオーモ(大聖堂)の
スケール感はなんとなく想像はできます。
写真ではなかなか出せないんですよね。
やっぱり生(なま)で見たいものです!
でも。。。これを見た後は
バルセロナのガウディの
サグラダ・ファミリアも見たくなりません?
もう見てたりして。。。(泣)

ん!ダヴィンチ像の下に鳩が。。。
幸運の鳩?

すごーく良い旅だったようですね。
でも日本にも良い場所はたくさんありますから
そちらもお楽しみください。

素敵な写真
ドゥオーモありがとうございました。
(↑どうしても使いたかった。。。お恥ずかしい。。。)

海を渡ったはるか遠い国でも同じように人々が生活してるというのは
不思議だったりもします。長い歴史の中で先人を尊ぶ気持ちは
どの国でも同じなんでしょうね。

京都には京都タワーはいらないですね。
ゆかたんとお付き合い?!
ドゥオーモ!

旅の終わりにいい思い出ができて
よかったですね♪

自分も旅の何気ないひとときって
写真には撮ってなくても思い出したりします。

それに、自分の撮った欧州の写真のほとんどは
動かなくなった古いPCの中で、もう見られませんし。。


車窓から見て印象的だった
うねりのある広大な麦畑とか
結構思い出したりします。

美味しかった料理とかも(笑)

由佳さん、こんばんは。
更新お疲れ様です。

お陰で、ヴァーチャル・イタリア旅行に
行ったような感じになれました。
ありがとうございました。

こんばんわ由佳さん.

なかなかどうして,大聖堂の写真,迫力が伝わってきます(ホント!).
細部にわたるシャープな装飾,あらためて西洋と東洋の感性の違いを感じました.
アーケードの写真も堂々とした力強さです.

また,レストランでのエピソード
言葉が通じなくても,男の子とのちょっとしたふれ合い
ほほえましい光景が目にうかびました.いい思い出になりましたね.

イタリア旅行記,楽しませていただきました.
毎日の更新ほんとにごくろうさまでした.
ガンバられたんで,しばらく休まれては?…

お洒落というか落ち着いた雰囲気というか、門構えからして日本には無いアーケードですね。


ドゥオーモ広場で、突然NHKの【どーも君】が出てくるハプニングは無かったのですね(笑)

(っ≡⌒ω⌒≡)つ


その代わりの?レストランでのかわいい出逢いが忘れられない想い出でしたか!無邪気な子どもの笑顔にはかないませんね。


イタリアの旅行で、彫りの深いオジサンに見慣れたから、愛子ちゃんとのサッカー観戦で、イタリア系のオジサン(選手のお父さん)と仲良くなっちゃったのかな?


無事に楽しい思い出の旅が出来て、本当に良かったですね♪

毎日の天気も、由佳さんらしい几帳面さが出た日記で良かったですよ!

わぉ、良いお天気~
雲ひとつない…
観ていて気持ちのいい景色ばかりですね

写真で綴るイタリアの旅
ありがとうございました

はじめまして!
イタリア各地の写真がとてもきれいで、楽しむことが出来ました。
本当に長い歴史に基づいた美しい国なんですね。
行ってみたくなりました。どうもありがとう。

イタリアは料理もおいしいしワインもおいしいですね。ああもう一度行ってみたい。またいい写真があったらupして欲しいです。とりあえずお帰りなさ~い。

はじめまして。
以前のブログから拝見しておりましたが、新たなブログが復活して、コメントまでつけられるようになって、感激しております!!
応援しておりますので、ここのブログは続けてください。
お願いします。

写真を見ていたら、本気でイタリアに行きたくなりました(*_*)

美しい風景をありがとうございました♪

こちらこそ。

楽しませていただきました。

お疲れ様でした。

この記事へのコメントは終了しました。