« 地震 | メイン | 地球 »

2011/03/14

コメント

伝えます。
1の方は、あなたを選ばれました。7の方は??
1の方は、あなたと海外に動けと・・・。それだけなので困っています。
2011.3/17 10:37のことです。
あなたの祖父母の実家は、丹波か一宮の辺りですか?
唐突に申し訳ない。
日本が、このようなすごい時に・・・。
海外で準備をせよ・・・ということなのか?
自分を犠牲(時間や人付き合い)にしてまで、人のために動けるあなたを認められたのでしょう。
選ぶのはあなたです。
77

こんばんわ。

日ごとに明らかになってゆく被害状況を見て、言葉も出ません。

そんな中、今日、震災以来連絡が取れなかった従姉妹の無事を確認することができ、とてもホッとしました。

僕も、節電や募金など、被災地のために少しでも自分にできる事を実行して、
「がんばろう、東北!」と、遠い長野の地よりエールを送りたいと思います。


必ずや、東北は、日本は、この大震災から復興する!!
そう思っています。


P.S.
先ほどもまた、強い地震があり、長野でも揺れを感じました。
今度は静岡県・・・。
あちこちで発生する地震に、今は怖い気持ちでいっぱいです。

募金と献血しました。出来ることはこれ位ですが少しでも役に立てば。
後は祈る事が出来るとニュースを見ながら祈ってます。
「不屈の日本」!!!

親族との突然の別れは
生きていく上で最も辛い出来事だと思います。
できることは何かを考えた時
被災された方の気持ちになって
「思う」だけで
相手と同じように苦しんだことになります。
それが思いやりです。

中岡さんのスマイル、料理・風景写真、そして言葉に
希望を感じてる人は大勢いると思います。


ついにうちの会社も今日は臨時閉鎖。
埼玉北部の会社ですが、原発事故の安全が確保されるまでとのことですが、
計画停電や、電車の遅れ、交通渋滞(ガソリンスタンドの給油待ち渋滞が主)
などで業務に支障が起きていることも要因であると思われます。

でも仕方ないですね。しばらく家の中でじっとしていることにします。
被災地で支援活動をしている方には心から応援しております。頑張ってください。

これから私の町も計画停電が始まるのでこれにて失礼します。

まだ幼い頃、姉が腎臓移植で入院し、両親看病と仕事で私の世話まで手がまわらなかった為、夏休みと、9月の約2ヶ月半、宮城県気仙沼市に居る親戚の家で生活していました。

青い海、清んだ空、人々の笑顔と優しい人柄。

全てが良き思い出であり、わずか2ヶ月半だったけど、私にとっては間違いなく第2の故郷です。


あの自然豊で大好きな気仙沼が大津波によって破壊されていく映像をテレビで見て、ただただ絶句し、涙が止まりません。


大切な故郷が壊されてしまいました...

 人から聞いた話ですが・・・。
 戦後間もない頃、日本に進駐軍がいた頃の話です。
とある軍人士官が道端で貧しい靴磨きの少年に軍靴を磨いて貰っていました。
 丁寧に磨いている少年のお腹がグーと鳴るのを士官が聞いて
持っていたコッペパンを一つ少年にあげたそうです。
 少年は嬉しそうに持っていた古新聞にパンをくるんで懐に入れたのを見て
「お腹が減ってるのだから気にせず直ぐに食べたら良いじゃないか」と言った時
少年は「家で妹と分けて食べるんだ」と言ったそうです。
 それを聞いて士官は”この国はきっと立ち直る”と感じたそうです。

 苦境でも他を思いやる日本人にある気質、これが失われない限り日本は絶対に復活します。
 助け合いましょう、誰しも自分一人だけでは生きられないのだから。。

見知った土地が流されて行く映像は、未だ、実感がわきません。
離れた場所にいる今は、出来る事から始めてます。
連絡のとれない皆様の無事を願っています。

コメント欄続けてくださいね。
多くの人が由佳さんと同様ブログその他で書き込みをしています。
見る見ないは各自の判断、自由ですから。
個人攻撃には負けないで!

東京在住です。

一人でも多くの方が助かることを祈るばかりです。

余震が続いていますので、中岡さんもお気をつけて。

今も余震が続いています。

命の“生きる力”に精一杯の願いを込めたいです。
“見えてくるもの”をしっかりと胸にきざみたいです。

願いの表現を模索する心を信じています。

コメント欄中止してもらえませんか?傍観者達の意見など見たくないので。被災者に何を祈れと?祈って助かるなら24時間祈り続けますよ。1000人の打ち上げられた遺体、こんな現実に祈りや言葉など何の助けにもならない。まさに傍観者のエゴイズム。

みんなが、出来る範囲で出来ることをすれば、それだけでも
十分大きな力になると思います。
たとえ1円の寄付でも、1億人分集めたら1億円です。
ホント、祈るだけでも、大きな力です。
まだまだ行方不明の方とかも、大勢おられますが、一刻も早く
復興へ向かえる状況になって欲しいと思います。

地震後停電から復旧して見たテレビの光景を
目の当たりにして目を疑ってしまいました。

歳を重ね涙もろくなった自分ですが・・・
被災者へ向けてのメッセージ、
海外メディアの日本人の行動への賞賛の
記事など読む度に涙してしまいます。

ひとりでも多くの方が助かります様に祈ってます。
そして2次災害がどうか起きませんように。

全く由佳さんの言うとおりですね。
みんなで力を合わせて、この危機を乗り越えなくてはならないですね。

由佳さん、こんばんは。
福島滞在中の友が、何とか東京に戻って来ました。
電話がやっと繋がり、話せただけですが・・・とても嬉しかったです。

「祈る事が出来る」
今からでも、そう思いポジティブになるようにしたいです。

色んな情報が錯綜していますが・・・
冷静に行動して行きます。

 こんばんは。由佳さん。
また、コメントできるようになったのですね。

 でも、こういう大惨事が起きると本当に心が
痛みます。刻々と拡大する被害の大きさに、
改めて自然の脅威を感じます。

 今は一人でも多くの方が助かってほしい思い
ですが、自らの無力さがもどかしいです。

 何もできませんが、今週末、街頭募金に立ちます。

 

私も’チーム日本’の一員です。 ’お互い様’の心で自身で出来ることをするつもりです。 まず義援金をします。そして「血液が足りません!」のアナウンスがあれば献血しようと考えています。気持ちとしては家にある備蓄品を持っていってあげたいですが、まだまだ・・・邪魔になりますよね?。 被災者の方々の声が聞きたいです。 何が良いんでしょう・・・? とにかく がんばってください! 元気だしてください。 チーム日本なのですから。

昨日、近所の商店街で被災地への募金活動をされている方々が
おられましたので、少額ながら募金させていただきました。
後は海外から支援されに来られている方々が頼みの綱。
政府の迅速な対応が望まれます。

こんばんは。宮城県の知り合いは依然として音信不通ですが…電気も行ってるか分からないんで、携帯が使えないだけだと信じて待ちます。世界からのあたたかい言葉や支援に感謝の気持ちでいっぱいです、今できる事…自分に出来る事は微々たるものですが、暖房使わず節電を心がけてます。由佳さん、皆さん、被災者の方の分も元気に行きましょう♪
今テレビで、ガレキの中で倒れてる犬に寄り添う、もう1匹の犬に泣が…でも倒れていた犬が動き出しました!明日はもっと喜べる事があると祈っています。

今日、NHKに寄付してきました。
大金でもないのに、えらく感謝されて、涙が出そうになった。
女子高生が、助け出された報道がなされてます。
多くの人が助け出されて欲しいと思います。
福島原発も酷い事にならないように祈ってます。

こんばんは。
由佳さんの
優しく、真摯な想いが
多くの人たちの優しい心を
引き出してくれているようですね。

郡山市では、今日の午後から水道も復旧しました。やはり生きていくにはいちばん必要なもの。
蛇口を捻ると当たり前のように出ていた水の有り難さを本当に実感しました。

一方で、原発は3号機の爆発に2号機の冷却停止。離れていても、ここも大丈夫なのか?という不安はよぎります。

いや、いつか、由佳ちゃんにあって握手するまでは絶対に死ねません!

(っ≡´ω`≡)っ

ガソリンや灯油に食料。必要なものが、手に入らなくなることは心配です。

都内ほど、大きな揺れがあると危険はいっぱいです。由佳ちゃんも本当に気をつけて。

twitterの検索タグ
#prayforjapan(日本のために祈る)には
未だに世界中から日本へ向けて
応援のメッセージが届いていて止まる気配はありません。
これほど日本を思ってくれている人がいるとは
自分もまったく意識していなかったので驚きです。

また被災者から、
「うちの妻が赤ちゃんを産みました」
「原発解説より炊き出し、給水所の情報をテレビで流してください」
「なぜ被災者の悲しみ、泣き顔、辛さをわざわざ報道するのですか」
などマスメディアのフィルターを通らない、
ダイレクトな情報、切実な気持ちが書き込まれていて、
それに対して何もできない自分にもどかしさを感じます。

Yahooが募金を始めたと聞いてすぐ募金しました。
まだまだこの状況が続くと思いますが、
節電に努めるなど、微力ですが
被災者に何か力になれるよう頑張りたいと思います。

由佳さん、はじめまして。
このような形で初めてのメールを送ることになるとは思いませんでした。
私に限らず、みなさんも、あまりにも様々な情報が錯そうし、心が落ち着かない状況だと思います。不安な気持ちを抱えながらこれからも過ごさなければならないのはつらいことですが、どうか気をしっかり持っていくことが大事だと思います。今回、改めて「人と人とのつながり」が本当に大事だということを感じています。お互いに声を掛け合い、協力しながら、明日につなげていきましょう。
由佳さんも、お気をつけて。

余震は何ヶ月か続くそうです
余震が落ち着いた頃、犠牲者の数がわかるような気がして
聞きたくないし知りたくない、そんな心境です。
でも余震は落ち着いて欲しいし複雑です。
今はこれ以上の犠牲者が増えない事を祈るだけです
これから何が自分に出来るのかだけを今、考えます。

全国各地から離発着する、飛行機や電車の席や貨物倉庫に、必ず空きがあるのだから、なぜ国は無料で医師を乗せ救援させたり、支援物資を収集しないのだろう?やれないはずはないのにもどかしいです

「祈ることしかできない、と思っている方は
祈ることができる、と思ってください。」

本当に、いいお言葉ですね。
勤めていると、あたかも他人事のような立場も少なくない中で、
目が覚めました。
ありがとうございます、由佳さん。

そうですね。否定的な言葉を発しないことは
非常に重要だと思っています。我々日常生活においても、
東北・関東の被災した方々には愛の思念を送り続けることが
重要だと思います。遠い九州からですが、東北・関東の皆さん方の
ご無事を、亡くなられた方々へはご冥福をお祈り致します。
また、原発にはこれ以上被害が拡大しないよう祈念致します。

神戸から失礼します。
あの日の記憶とそれを上回る映像に言葉もありません。
未だに安否のわからない方のご無事を祈ります。

福島が心配。祈ってます。

日を追うごとに犠牲者の数が増えて、
被災者の方々の疲労もピークになり、
原発はあの状態。
正直、自分の無力を嘆いていました。
でも今日のこの由佳さんの言葉で
救われました。ぼくも一日本国民として
祈り続けたいと思います。
由佳さん、ありがとう。

一人でも多くの方が、救出される事をお祈りしています。

由佳さんも気をつけて下さいね。

こんばんは。

まさか自分の身近でこんな事が起きるとは、
夢にも思いませんでした。

地震、津波、火災、原発事故・・・。

国も各担当部署も頑張って欲しい。

色々な国から支援の表明・・・

本当に嬉しいですね・・・。

被災している方々・・・

もう少しで支援物資や救助隊の方々が到着するはずです。

それまで何とか頑張って下さい。

由佳さんも余震にはくれぐれも気を付けて下さいね。

こんにちは
由佳さん
お久しぶりです

災害の全貌がはっきりしない状況が続いています
被災者の方々には本当になんて言ったらいいか
言葉が見当たりません

私の親戚も連絡がつかない人がいます

無事でいて欲しいと
祈るばかりです

この記事へのコメントは終了しました。