« 香港~帰国 | メイン | 11月 »

2012/10/30

コメント

日本人の笑顔は
ミサイルもはねのけるとおもいます☆
由佳サンの笑顔にはいつも救われてますョ  (*^o^*)
表情ひとつで
わかりあえたり、誤解されたり…
自分にも無表情のときがありますが
わりと相手の表情をコピーしちゃうクセがあります
  (^_^;)

海外で2年間暮らしてましたので、今回の話は大変よくわかります。海外に出ると日本のことを客観的に見ることができ、視野が広がりますね。

由佳さん お疲れ様です。
今日はハロウィンの片付けです。
昨夜は子供たちが仮装をしてお菓子を貰いに
来ましたので前日に仕込んでおいた
南瓜のパイをあげましたよ!!
ここ近年のイベントですが微笑ましいですね。
由佳さんはどうでしたか??

かわいい由佳さんこんばんは。
遅ればせながら(汗)コメントさせて頂きます。
さて…まさに哲学ですね。この様なお話、私は結構好きです。そして非常に勉強になりましたよ。偏狭な国粋主義は私も嫌うところですが、健全なる愛国心は本当に大切にしていかないといけませんよね。さらに嘗てのように悪い事は真似せず…昔は宦官、纏足などで今は民族主義ですね(苦笑)…いいことはどんどん取り入れての和魂漢才みたいにいかないとね。
取り敢えず野菜をもっと食べよう…と誓った今年の健康診断でもメタボ予備軍から脱却出来なかった私です(笑)
ではでは。。

野菜かぁ……( ´・ω・`)

由佳さん、こんばんは♪
今回のDIARYは、今の自分を見つめ直す内容かもしれません。僕は、タクシードライバーではありませんが、同じようなサービス・接客業を仕事にしています。今の自分は、ここに書かれているような態度をとってるかもしれません。今の仕事をもう何年もしているので、自分の中では、それが当たり前になってる部分があるように思いました。僕が相手にしているのはほとんどが日本人!やはり、笑顔や優しい態度を求められるのが当然!と言う事をしっかり頭に入れ、これからの自分の仕事に向き合う努力をしようと思いました!
大切な事に気付かせてくれてありがとう、由佳さん♪

由佳さん お疲れ様です。
食べるという事は毎日の事なので
関心が薄くなりがちですが・・・
生きていく為、健康に生活を送る為、
身体の中に直接取り込む食べ物や飲み物に
一大事と位置づけて欲しいと思います。
食を仕事としている身なので特に感じますが
近年、食中毒等の問題は飲食店はもちろん
生産者や加工業者、そして消費者の食に対する希薄な
考えが起因している物が大分見受けられます。
お爺さんやお婆さんが言ってくれたちょっとした
食べ物の話が一番の食育のような気がします。
せっかく毎日の食事ですから楽しく、そして美味しく
目でみて嬉しい、そして考えて食べていきたいものですね。

「お客様は神様です」思想の日本人と、労働観念の確りした欧州人など、お国地域によって様々ですね、接客一つとっても。中国人に知り合いがいますが、野菜は大好きでガツガツ食べる印象があります。また、中国人の料理は悪く言えば、大雑把という印象を受けます。中華料理は美味しいものも沢山ありますが。

かわいいです由佳さん。
愛してます。

日本人の心の美しさは四季の体験が大きいですね。
日本列島なら海や山を見に行くのも比較的近い。
アメリカや中国の内陸部に住んでいたら
広い大地は見れますが、海を見に行くのは大変なことです。

バランスはとても大切ですね。
中岡さんが江の島でお会いした弁財天様が手にしている「楽器の琵琶」ですが
弦がピーンと張り過ぎていたり、逆にだらんとゆるんでいたらいい音がでません。
張り過ぎず、ゆる過ぎずのちょうどいいチューニングがいい音を奏でます。
仕事場が緊張感でピーンとしていたり、逆に遊び感覚が度を越すと
いいモノができないのと同じで、
ユーモアを忘れずにNHKの真面目な空気感(笑)のように取り組むのが好きですね。
車のCMでショーン・レノンさんも「ちょーどいい」と言っています(笑)

子供たちの視点だと、ガリ勉教育やゆとり教育に片寄り過ぎるよりは、
勉強して程よく遊ぶ方が健康かもしれません。
家族がいつもイライラしていたり、教師が担任の座を巡って争っていたら
子供たちは健康でいられなくなり、イジメの原因にもなる気がします。
大人たちの視点だと、足りないでも寝過ぎでもない「程よい睡眠時間」が必要で
規則正しい生活習慣には、大切なことがいっぱい詰まっている気がします。

上記の内容は中岡さんがいう「肉と野菜、栄養のバランス」という話に
インスパイアされた言葉です。
そして、二十代前半に学んだ孔子の「温故知新」にインスパイアされた言葉です。
宗教や哲学・文化など、お金を使い過ぎるほど熱中したり、
温故知新を全く活用しないことは、両方もったいないので、
日常生活をより向上させる意味で、
中岡さんの言葉(&笑顔)や孔子の言葉がバランスをとってくれている気がします。

P.S.健康番組での「運動で健康・太極拳(前/後編)」の回はお気に入りです。

  
  おいらも帰ってきました。

   食欲があっておげんこな中岡さんが羨ましいです。
  今のおいらはどんなに豪勢なお食事でも料理の臭いをかいただけでOut

  お野菜いっぱい食べられる中岡さんがとてもいいなって・・・・・

  おいらも野菜や果物は少しは食べられるんだけどお店で売っている
 ものはほとんど食べられないから美味しそうなおりおりをみてると 
 つい買ってしまうけど結局ごめんなさいをしてしまってあとで買わなければと
 こころがないちゃいます

  中岡さんはお野菜三倍も四倍もいっぱい食べてお体を丈夫にお仕事に
  お遊びにいっぱいいっぱいたくさん楽しんでね^^

なんでもバランスって大切で難しいものですよね☆
仕事でしゃべり野菜もよく食べて運動する由佳さんはバランスマスターだ(≧∀≦)
外食ばかりでメタボ少なく長寿なんて日本じゃ難しい気がしますね。。
外食が日本よりバランスがとれてて根本的に考え方が違うんでしょうか?
日本での外食は健康より、まず味や値段に話題性。。人気がないと経営難しい…やっぱり国が違うとなかなか良い面も同じことができないですね。。
次はどこへ旅する由佳さんが見られるかな〜♪

毎日毎日電車に揺られてると心の中で、
「こいつ!もう少し奥に行ってくれたら乗る人が楽なのに」
「嗚呼・・また客同士で喧嘩してるわ」とか
マイナスな面に想いが行きがちだけど
そうして見てみれば、良い所も沢山あるんですね。
外国に行く(どころか本州から出たこと無いですが。。。)
縁の無い仕事や趣味なので
由佳さんからのこうしたレポートも
大変興味深く読ませて頂いています。
自分も行った気分にもなれます。
また哲学的な内容(笑?)更新してね。

今回も読み応えありましたね(^^)何度も読んじゃいました。
先日のblogでも日本の良さがわかると書いてありましたね♪
実際に海外に行って肌で感じてみないとわからない事ってあるんですよね♪
ただ遊びに行くだけでなくその国の文化や人となりをみるのも海外旅行の醍醐味かも知れませんね ♪
香港の活気に日本の穏やか、前進する逞しさと心のしなやかさをバランス良くもてる人っていうすばらしいですね(^o^)
日本人ならそのような人になれそうな気がします(*^^*)
由佳さんからよく聞く『医食同源』
食事からからだを治して保つ術を古来から現代まで続けている事が健康の秘訣なんですかね(^^)中国の食の歴史って深そう!
それとびっくりしたのが喫煙率が低い事!
これも長寿の大きな要因ですかね。
日本はファストフードなど食事の欧米化とまだまだ高い喫煙率。
クリアしなければならない事がたくさんありますが、まずはひとりひとりの健康への強い意識ですね(^^)
中国と韓国の野菜の消費量が日本の2倍も(驚)でした。
意識的なものもあると思いますが、中華や韓国料理自体が野菜をバランス良く入っているような気がしますね(*^^*)
日本人も日本食中心に摂れれば野菜の摂取量が増えますね♪
自分も30代から意識的に野菜を摂っています。野菜中心だと不思議とからだが動くし元気になれますよね♪
もうひとつの驚きは…由佳さんは旅でよく飲むんですね(笑)気分が良いから飲みたくなるんかな(^o^)
楽しいblogでした。ありがとうございました\(^^)/

なるほど。
すごく勉強になりました。
視点が素晴らしいと思いますし、バランスの部分は特に、同感です。
日本人で良かったとあらためて思いました。
それにしても由佳さんは文章が本当に上手ですねー。
とっても読みやすいです\(^-^)/

以前、きょうの健康でもやってたと思いますが、
健康寿命が重要ですよね。
健康で、長生きのためには、野菜を多く摂ることですかね。

僕は結構、アレルギーが多いんで、何でもという訳には行きませんが、
由佳ちゃん見習って、野菜を多く摂る日本人になろうっと。

何でもよく食べる日本人になろうっと。
って、中岡さん出来ているような気がします。

日曜日、スタバのNYチーズケーキを
初めて食べました。
甘すぎましたf^_^;)
コーヒーはローストし過ぎに感じます(^_^;)
個人的見解なので気にしないでね(^。^)
でも、他に美味しい物、沢山ありますd(^_^o)

由佳タンのコメントをひと言で言うと「日本人で良かった」っちゅうことやね^^

中岡哲学講演、楽しく読ませていただきました(笑)
こういう話を聞くことは好きです。
その人がどんな考えをしているのか。ちょっと極端かもしれませんが、その人の「世界」を感じる事ができるのは、自分も成長出来ると思います。

少し前に親がベトナムへ行ってきました。
帰ってきたあとベトナムのお土産話を聞きましたが、日本では考えられない事も多く、生活の事、治安の事、料理の事など信じがたい文化もありました。

でもその国の人にとっては当たり前な事なんですよね。

当たり前な事を違う角度で観るかで随分変わると思います。

僕も語りだすと止まらないとこがありますので(笑)
でも、だから聞くのも好きです。

小さい頃、親と旅行すると決まって神社、仏閣でした。信心深くも何ともない学生の僕はどちらかと言えば、そういう場所は退屈でした。でも年を重ねるにつれ古き良き日本文化に憧れにもにたような興味が出てきました。
それは神社、仏閣に限らず日本の風土そのものというか、一言で言えば「日本っていいな」と。
小さい頃はヨーロッパの街並みに憧れをもっていた僕からしたら、考えられられないことです。今でもヨーロッパの街並みは行ったことはないし、やはり憧れてる部分はあります。
うまくはまだ言えないけど、これから見聞を広めていく内に解ってくるかもしれません。
また中岡哲学講演していただけたら嬉しいです(笑)

日本の味は世界一だと思っていても、例えば日本の甘いリンゴは
フランス人には甘過ぎたりする様です。我々が確信している常識も、
世界ではそうでもなかったりする。まぁでも、日本人として誇りに
思い、日本の歴史等を良く知っておいたりする事こそが、大切なんだ
と思いますね。

芥川龍之介の本に「神々の微笑」ってキリシタンを題材にした作品があって、宣教師が日本人の特性についていろいろ語ってます。長くなるから割愛しますが、結構興味深いですよ。

外国を旅すると、日本国内に居てはなかなか気付くことのない、日本の良さを発見することが多いですよね。
中国って国は古来、統治する民族が変わる度に、それまでの主権者達が抹殺され、生き残るのに、それこそ命懸けだったわけで、良くも悪くも図太い人間性が形成され、保身の為に常に自分を中心として考える、自己中心の国民性が出来上がるわけなんですよ。だから、今でも、何でもかんでも自分達を正当化してしまうんだと思います。
韓国はというと、半島に位置し大陸からと日本からの両方からの脅威に晒され、支配された経験から被害者意識が伝統的にあって、何か問題があると、それは自分のせいでなく、相手のせいなんだという風になってしまうんですよね。隣り合う国だからこそ、この三国の関係は微妙なんでしょうね。困ったもんです。

由佳さんのリポ−ト読んでると、いろいろ考えるきっかけになって、刺激になりいいですね。
ニューヨーク出張、結局延期になりました。向こうは、大変みたい。行っても仕事になりそうにないから…。
立ち呑みで一杯やって、身体温めて帰ろっと(^。^)
唇、早く治るといいね♪

思い出したんですけど
今日の写真の服と、香港の夜景のときのは
同じものですか?

由佳さん、こんばんは。
野菜を日々取るのは難しいですね。
特に生野菜は、つけ合わせのキャベツぐらいで・・。
なんとか、青汁で補っています。

旅行記のあとがき(?)ですね

なれない物や状況に遭遇すると
戸惑いみたいなものが出てくるのは
自然なことだと思います
そんな経験を上手に心に吸収できれば
それはとても貴重なものなんでしょうね
また、たくましさとしなやかさのバランスは
私の長年のテーマです(^^;)

ところで、中国などでの野菜の消費量が
日本の2倍以上というのは
驚きの数字でした
日本人の消費量が激減してるからかな?・・・

良いお顔されてますね。これも旅の効果でしょうか?香港行ってみたくなりました。

その国々でお国柄ってあるんだろうね! 初めての海外がデザインの勉強しにアメリカに行ったとき日本との色々な違いに毎日のようにビックリしてた事を思い出します。 周りに色んな国の人達が居ていつも賑やかに過ごしてました(^^) 香港は行ったこと無いけど あらゆるところで東洋と西洋の文化が入り交じってて面白いだろうね(^.^) のんびり時間をかけて行ってみたいな(^。^)♪

こんばんは♪私は由佳さんの哲学的な考えに興味があります♪日本人は表情で第一印象を感じとりますよね。だから接客業は、接客マニュアルとかで教育をします。日本は値段にも接客サービスが含まれている国なんですよね(^-^)

お帰りなさい。写真見せていただきました。上海蟹のフルコースには
驚きました。私は外食でも、野菜を出来るだけ取るようにしています。(^^)

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)