« 台北② | メイン | お土産 »

2013/03/24

コメント

ニッポンも片側通行の工事現場には
カウントダウン表示の簡易信号機がありますが
ルールは守るけれど、きぜわしいって方にはイイ信号機ですョネ
(^w^)
世界に進出するクイックフードのチェーン店も
台湾の都市化が進むと増えるのでしょうか
(^_^)
時間はとまらないですもんネ☆

その高級料理フカヒレのもとの、サメのヒレを本場でも最高級とされていたのが、宮城の気仙沼産。
鮑も岩手の吉浜(よしはま)産のが最高級で、キッピン(あちらではカタカナ読み)

どちらも乾燥して美味しくなる物だから、きっと震災のずっと以前に採れたいちばん美味しいのですよ。

台湾や中国と日本。
韓国や北朝鮮と日本。

いろいろな過去と今のことはあるわけですが。


美味しい食での繋がりは、みんな笑顔になれていちばん幸せなんですよね。

(っ≡´ω`≡)っ

台湾が親日の国で日本で失われた少し前の日本文化が残っていると聞きます。
それがどんな部分かが知りたかったです。

食べ物はよさそうですね。屋台もいいと聞きます、夜の街中は危険ですか。

ふかひれはすがた煮じゃなくて少し入ったスープぐらいのほうが個人的には好きですが・・・総合的に・・・うらやましいです。

横断歩道は面白いですね。アニメーションになっていると
そっちに夢中になってしまいそうです。
日本でも食文化は豊富だと思いますが、台湾の食文化は
なにか底力みたいなモノを感じます。
食文化がその国の活気を支える気さえもします。
今回の台湾の旅を拝見して、面白い台湾というより、ごちそうさま台湾という感じです(笑)

旅日記の第3部は、お茶と豪華な食事ですね。中華の食事はどれも、美味しそうです。日本で食べるコトが出来るのでしょうが、やっぱり本場で食べるってのは、一味二味違って感じたのではないでしょうか?あと、お茶。お茶は奥が深いですね!産地の数だけ種類があって、生産者の数だけ細分化される。また、入れ方によっても変化するし、そんな中から選ぶって楽しそうですね。
そして最後の絞めは、スタバ。由佳さんらしいね。相当好きですね。それとも、旅先で意識してなくて、珈琲飲みたくなってどこかないかなぁーって思ってたら、『オオッ!ここにもスタバ!』ってなったのなら、違った感動あったのかもね。今回も旅日記楽しかったです。
では、またコメントしますね。新しい週の始まり、お互い良き1週間でありますように。(行ってきます。)

お茶と台湾料理、いいですね~。
旅の満喫ぶりが伝わってきます。
信号のことやスタバのケーキのことなど、
由佳さんの目のつけどころは、
強力なセンスが表れていて素晴らしいと思います。
気付きと考察・分析と伝える力に感心します。

皆さんのコメントを読むと、浅く発言するだけではなく全てを語らずとも深く感じ取る内容もあるみたいですね。知ってくれる人は知ってくれてると感じる日々に感謝で日本人ならではの配慮も素晴らしいもんですね。

台湾、中国茶は凄い人気なんやね~。
日本の抹茶やほうじ茶など【俺が好きなお茶】も世界の方々に愛され中岡っちみたいに高い評価のコメントをしてくれてるなら嬉しいね。

かなりの写真を掲載してくれてるから行った気分になるね。

今日は祝い事が、あり凄く祝ってもらいました。

人と人の繋がりは大切なものですねぇ。

夜8時から会議です。

将来の夢を現実のモノへ。
来年度も無理せず事業拡大へ頑張ります。

[台北紀行]~思い出のパーツ
水の恵みを醸し出す茶葉たち
海の旨味を含んだフカヒレや鮑たち
思い出のパーツを吸収しながら 美味しいものを食べる旅人がそこにいる
時には歩いたり 立ち止まったり
アビイ・ロードしたり 走ったりする

エッグタルトと美味しいワンタン
世界に楽しみを残しておきたい
珈琲を飲み終えたら 靴を3回鳴らして東京へ戻ろう
思い出のパーツを拾いながら 豊かさに気づいていく旅人がそこにいる
それは新しい物語の始まりを告げるかのように
旅人の視野が広がっていく

台湾の横断歩道は、JR大阪駅前の横断歩道並みでんなぁ。
交通ルールを守りましょう。

信号・標識はわかりやすいのが第一の使命ですから
いいアイディアはマネしてもいいかもしれませんね

旅行体験のお話の中に、単なる現地紹介だけではなく
由佳さん自身が係るトピックスや感想がたくさん織り込まれていて
だけどそれらはこれまでのブログを読んできている私たちにとって
十分ついていける内容なので
旅行のブログは由佳さんの息遣いが感じられて
いつもとても楽しいです

本当に旅の仕事、つかんでほしいです
積み重ねが活きる仕事になるような気がします
今回も最後にスタバで締めるところから
スタバの仕事もいいのかもしれないですけどね…

台湾旅行3日目ですね♪もう2日間で内容の濃いお腹いっぱいの旅になりましたね(^o^)
最終日も別腹で楽しめそう(笑)
まずは、台湾のお茶屋さん。台湾茶は『31年』で『信用』は間違いないですね♪言葉が通じなくても、何らかのコミュニケーションってあるんですよね(^^)台湾や中国では漢字で繋がっているんですね♪たくさんの急須が雰囲気ありますね(*^^*)スギ花粉にいい烏龍茶はお土産にうれしいですね(*^^*)昔ながらの雰囲気のあるお店もあれば、お洒落なティーバッグ用やかわいい茶筒を販売しているお店も、お茶屋さんもたくさんありそうですね♪これからのシーズン水出しのおいしい飲みますからね(^-^)
最終日の高級料理店でフカヒレのご褒美(*^^*)黄金色にキラキラスープに肉厚フカヒレ♪鶏や貝柱や漢方をじっくり煮込んでほんと絶品ですね♪※食べなくてもわかります(涙)(笑)もやしとシイタケ炒めのシイタケも肉厚で、もやしのねひげも丁寧に取り見た目がきれいな逸品♪アワビの炒飯(*^^*)次から次へと驚き高級食材料理でうらやましいナァ~(*^^*)おもてなしの心がうれしいね♪美人さんは笑顔もステキなんでしょうね♪
信号機スゴい!日本は横バー表示だけど、秒数表示は時間にルーズな日本人向けだよね♪人の表示もわかりやすくて、ほんと自然に急ぐ気持ちになっておもしろいアイデアだね(^o^)由佳さんの視点もやっぱり凄いと思う♪
そして今回も、世界のスタバから【ニーハオ編】♪ほんとケーキの種類がスゴい!カヌレもシブイね(^o^)コーヒーより茶かが根強い国民性なんですねo(^o^)oスモールサイズって日本サイズなんですね。もちろんアメリカにもスモールは無いしね(笑)
安くても、高くても、美味しいものが人を元気にする♪食の幅が豊かな台湾♪3日間で蜜の濃い旅行でしたね♪由佳さんの食への湧き立つ強い思いを感じました(*^^*)
台湾旅行に連れていってくれてありがとう(笑)ほんと由佳さんの視点はおもしろくて写真が素敵(*^^*)ありがとうございました\(^^)/

こんにちわ,由佳さん.

本場のお茶,いいなぁ.もう飲まれましたか?日本のお茶とどう違うんだろう…

漢字圏の国だと話す言葉がわからなくても,文字だけでなんとなく分るので異国の土地であってもホッとしますよね.

最後のシメがスタバ,ってのもなんとなし由佳さんらしいかな!?(笑)

台湾のことを、あえて「国」と書いているの?

同窓会で少し飲み過ぎてしまった由佳さん、こんにちわ(笑)
今日も結婚式にお呼ばれして大阪に来てます。こちらは、桜はまだまだ。やっぱり東京の桜は錯乱してるみたいです。
少し時間があったので、近くにあったお好み焼き屋さんに入ったら、テレサ・テンさんの曲がメドレーで流れてます。店のお母さんが大好きなんだそうで、テレサ・テンさんと都はるみさんの曲を8:2の割りで一日中流してるんだとか(^^ゞ
で、テレサの「時の流れに身をまかせ」を聴きながら、由佳さんの台湾紀行を読んでたのですが、情景が浮かんで、久しぶりに行きたくなりました。
自分も台湾に行った時には、お土産にお茶を買って帰るのですが、現地の高級なお茶屋さんで給されるお茶って器が小さいこともあり、量が少ないですよね。食事でもそうですが、「食巧不食飽」にあるように、飽きずに美味しく食べるといった習慣があるみたいですね。
余談ですが、名古屋に出張で行くと、よく台湾ラ−メンを本家の味仙で食べるのですが、この辛い坦々麺風のラ−メン、実は台湾にはなくて、名古屋で台湾人の人が台湾のタンツ−メンをもとにして作ったらしいですね。今まで知らずに、台湾のラ−メンと思いこんで食べてました。これも、由佳さんのおかげ…(^^ゞ

そろそろ時間。さあ、宴の始まりです。飲むぞ♪

由佳さんの人柄なんでしょうねっ♪誰もがみんな由佳さんに優しいのは(笑)この間テレビで偽物のフカヒレが横行していると台湾や中国の事を放送していましたが、この偽物なかなかの物で料理してしまうと分からないらしいです(≧▽≦)でもフカヒレの形があれば大丈夫みたいですが!!美人さんの由佳さんが美人と言うのであれば美人なんでしょうねっ( v^-゜)♪スタバ広報の由佳さん(笑)

DIARYを読んでるとプチ旅行した気になりますね 昨夜の世界ふしぎ発見を観たせいでもあるのかな?①や②の写真で一人分の料理でないからものすごく不安感になってます… いつか夢見てる旅番組や料理番組に携われるといいですね(^_^)v「夢」って諦めてない人の前に転がり込んでくるものだから、由佳さんが運命任せにしてるのではなく、諦めてなければ叶いますよ

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)