« 帰国 | メイン | ロンドン~パリ »

2013/06/02

コメント

公園、宮殿、橋…。
大人っぽくて、おっしゃるとおり落ち着く街という感じですね。
フィッシュ&チップス美味しそうですし、
イートインで牡蠣とサーモンを楽しむ…、
ものすごく行ってみたくなりました(^ー^)
由佳さんも津島さんもお美しいですね~☆
旅のレポート、ゆっくり楽しませて頂きます♪

こんばんは
連載スタート!
青空と涼しい空気ということで
PCの前で深呼吸します
(由佳さんの旅行記のときはじっくり追体験したいので、
 いつも深呼吸したり匂いをかいだり、耳を澄ましたりします
 …怪しいですかね?^^;)
名所や、カジュアルな食べ物なども含めて
懐かしい想いは、きっと胸の奥で大きく膨らんだことでしょうね
母校の移転は残念でしたけど
仲良しの友達と再会できてよかったですね

由佳ちゃんダメです。エロスの像とか書かれると、中岡由佳蜜の話題に(笑)


昼間からビールは悪くないけど、飲んだくれてしまうイメージが強いから、アップルタイザーでフィッシュ&チップスで正解でしょ。

異国の地で友達と会う気分、自分には縁がありませんが、お互いに良い刺激や友情愛情に、明日への元気をチャージ出来たでしょうね。


最後に川柳をひとつ。


ロンドンから、やってきたのはドン小西

梅雨でジメジメ、ロンドン(どんどん)防虫

(っ≡´ω`≡)っ

青:
上空から眺めるロンドン、Le Cordon Blueを思い出すような青い空がYUKAを迎えてくれた
着陸の準備に入る飛行機の翼(WINGS)が乱気流でカーブする
Back To The Egg 海外生活の原点、とても懐かしい。

緑:
まっすぐな道、木陰向こうの陽射し、この先にはきっといいことが待っている
YUKAが深呼吸すると、都会の中の潤う空間(Oasis)に新しい朝が訪れる
Be Here Now ずっと居たくなる、とても懐かしい。

赤:
テムズ川にビックベン、ピカデリーサーカス、YUKA Eyeが街を見つめている
時折通過するクルーズ船が、この街の何気ない風景を見せてくれる
時折通過するダブルデッカーが、この街に来ていることを実感させてくれる
カープ好きな津島さんと再会、何だかホッとする、とても嬉しい。

オレンジ:
Waterloo Sunsetを近くに感じながら夜になる
宿泊先の窓は「影を探している少年」が来ないように鍵をかけておこう
ティンカーベルのパウダーは無くても大丈夫、なぜなら
旅が自由に出来て、美味しいフィッシュ&チップスが食べれて、友達に会えるこの世界が最高だと知っているのだから。

由佳さん、こんばんは。
ロンドン楽しめたようですね。
揚げ物大好きな私としては、“フィッシュ&チップス”食べたいです!
フランス編は次回?

由佳さん、海外旅行いいなあ〜世界が広がる気分を私も感じてみたいですが…仕事で休みと時間がなかなか…(^_^;)今度は世界一周の旅を…

初コメになるのかな。
自分もイギリスには1年ほど前に行ったので、写真を見て思わず懐かしい気持ちになりました。
おっしゃるとおりロンドンは、活気があるけどどこか落ち着いてるというのか、国際都市にしては秩序だった雰囲気があって、住みやすい街なんだろうなと思いました。
個人的にはパリより好みかも。
由佳さん的には比較したらどういう感想になるのかな。

ロンドンいいですね。
一度は行ってみたい国です。
ロンドンって天気が悪いってイメージがありますが、天候良くてよかったですね。

別世界の数々の写真をありがとさんです。
津島さんも美人やね^^

とても綺麗な写真ですね。
素晴らしいテクニックだと思います。
私は2000年からいましたが、当時はLondon Eyeはロンドンの外観にそぐわないと賛否両論ありましたが、今ではすっかり名所になってますね。
乗ったことがないので、私も一度乗ってみたいと思います。

絵はがきになりそうな写真ばかりですね。
ヨーロッパの景観の美しさは自販機が無いことと、電線が無いことと何かの本でみたことありましたが、どれも気持ちよさそうな景色ですね。

ああいう公園をのんびり散歩してみたいとか、ゆっくり食事しながらお酒を飲みたい(笑)とか
思い描ける写真で楽しいです。
卵のケースもかわいいですね。

中岡由佳☆世界の散歩道♪ロンドン編ありがとうございます(^O^ろロンドンと言うと「霧の街ロンドン」と頭に浮かびますが今は昔なんですね♪さすが晴れ女の由佳さん!!青空に綺麗な白雲が浮かび由佳さんの再度の訪問を歓迎しているみたいですねっ♪v(*'-^*)^☆よく聞くフィッシュ&チップは不味いものだと聞いていましたが美味しいものもあるのですねっ(^o^ゞ由佳さんの写真や文章が素晴らしいから旅に行きたくなってしょうがありませんO(≧∇≦)O

写真がどれも綺麗ですね。構図とか写真のことはあまりわかりませんが、
写真の詳しい方々が沢山いらっしゃることですので、講評をお願い
します。私のような素人が見てもかなり上手だと思います。

さっそくの旅行記、ありがとうございます(^^)
と、その前に由佳さんが持ち帰った20£、確か現在のはアダム・スミスでその前が音楽家のエドガーだから、三代前のもの になりますね。残念ながら、日本の銀行や両替所での両替は不可能です。収集家とかなら、もしかしたら…、でも安く買い叩かれるかな。我輩、買ってもいいのですが、由佳さんのことだから、また行く機会あるんじゃないかな。

写真、どれも綺麗に撮れてますね。しかも、青空!朝のグリーンパークやハイドパーク、空気が美味く気持ちいいですよね。リスを時折見かけることもあります。近くにある、パークレ−ンとかセントア−ミンズのホテルに泊まることが多く、よく早起きして散歩してます。ハムステッドの公園も広大ですが、今回、住んでた場所には行かなかったのかな。
伝統と歴史を重んじるお国柄だけあって、街の中心部は、いつ行っても同じたたずまいなので、落ち着きます。コルドン・ブル−の移転は残念でしたね。あの、観覧車も建設当時は、ちょっと閉口してしまいましたが…(^^ゞ
先にロンドンに行き、その後パリに渡ると、その違いがよく解りますが、パリ編が楽しみです。 自分もまた近々、行きたくなりました♪

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)