« 世界自然遺産 | メイン | 知床半島② »

2013/07/27

コメント

風の強さがものすごく伝わりました(^◇^;)
写真の曇り空や霧が、大自然の脅威を余計に
感じさせてくれますね。
ジャガイモの花の畑、とても美しいです。

美しくきれいな海水に育まれた羅臼昆布
標津の町を訪問 きょうはサーモンを学ぶのにうってつけの日
遮るものは何もない 北海道の青空
雲は風にのって 自由に流れていく
どこまでも広がるジャガイモ畑で会うならば

お冬のあいだや年末で、一度は友たちになった中岡さんと五十嵐の
ご佐渡ヶ島にまいりましょうか?(アガタキ.カザリ)

こんばんは~☆
北海道にゆくなら
もちろん夏!
ほどよい肌寒さが
自分にはベストなので
いつかは知床ツーリングに♪
と考えてますが
野生動物や夜の冷えこみを思うと
ツアー&宿泊施設の
ほうが確実、安心ではありますネ♪
若いときは
“自然の中にひとり!”が好きで、近場ながらアチコチ散策してましたが
最近は自然の強さをTVなどでみるたび
甘くみちゃイケないナと考えるようになりました
世界自然遺産ともなると
さらにスケールもちがいますからネ
(^_^)v

景色を見るとスケールが本州と違う感じがしてまさに、広い北海道を感じます。
地平線とか見ると気持ちよさそうです。
北海道は海の幸が美味しいとは聞きますし、僕の兄も北海道にいた時期があって
やっぱり美味しいと言ってました。
サーモンの科学館があるんですね。見て学んで、食べて学んで。
鮭を食べたくなりました(笑)イクラ丼とかあったら、イクラがてんこ盛りで出てきそう(笑)
贅沢ですね。食材を安く手に入れられるのは地元、生産地ならでは。
昆布=おでんの具と僕はイメージするのですが、出汁というのは流石お料理される中岡さんです。
昆布も出汁に使えば、沢山買えるのも嬉しいですよね。

髪乱れすぎ。
でも、それが現実をレポートしてて、臨場感ありか?

マンモスの次は、熊ですか?次は、ダイオウイカ?

全然関係ない話でごめんなさい、ゆかたん。
本日は、岩屋城決戦紹運最期の日。紹運公以下763名と敵軍島津軍の兵士達のご冥福
をお祈り致します。
太宰府市新町の西正寺では、岩屋城合戦での犠牲者の供養のため、毎年7月27日に
法要が取り行われています。

食旅日記。素晴らしい出来栄えですね。
さすがに、レポーターをされているだけあって、旅を楽しんできた様子が伝わります。もし、自分が同じように旅しても、こうは、書けませんね。
由佳さんにとって、実り多き旅であったみたいですね。
では、続食旅日記楽しみにしてますね。
それでは、またコメントしますね。バイバイ由佳さん。

羅臼で本場の昆布を仕込むなんて
料亭の本職さんみたいな由佳さんだなー、と思う一方で
写真の中に写っている由佳さんは
リラックスしたポーズがキュートでとても微笑ましい感じ。

景色の写真も素敵ですが
霧が濃かったのが、ちょっと残念でしたね
この季節ならでは、でしょうか…


お疲れ様です(*^^*)
写真から北海道を感じられますね♪
広大な大地と空に雲と、広がるパノラマ風景♪
実際その場に立ち感じる空気風景は格別でしょうね( ´∀`)

1枚目の写真は引きのばして額に飾りたいぐらいステキ♪

17℃だけど風で寒くなる、北海道の気候は独特なんですね。
北海道のバイクツーリングでも気候の変化も激しいから、羽織るモノは必需品で夏でも低体温症になるおそれがあるそうですよ。

へぇ~サーモン科学館ですか!サーモンの歴史や生態などが勉強できるんですか。
浸け焼き丼美味しそう(*^^*)ミディアムレアーな身が(^^)
浸け焼きクセになりますよね!自分は新潟の村上という場所で食した浸け焼きが忘れられません(*^^*)

昆布もいろいろ産地によって違うのですね。たくさんゲットできてよかったですね\(^^)/
知床の気象ってスゴいんですね!怖いけど峠ごえの風景目あてに行きたくなります(*^^*)

1日目から実りある旅でしたね♪2日目もステキな写真とともに楽しみです\(^^)/

由佳さん お疲れ様です。

夏とは言っても涼しそうですね。
夏も冬も北海道は魅力的ですね。

20年近く前、知床峠で星を見ました。空そのものがプラネタリウム状態で、今でもはっきりと覚えています。
ちなみに、摩周湖にも行きましたが、湖面が最初は霧に覆われているものの、粘っていると湖面を見ることができました(「はじめて摩周湖に行って湖面が見えた女性は結婚が遅くなる」という言い伝えがあるそうです。私は男性なので関係ありませんが)。

知床は一度は行ってみたい場所候補なんですよね。
ちょっと天候が残念ですね。
北海道の地名の読み方(羅臼とか)って何かイイですよね(^^

愉しまれていっしゃる… 又全身に浴びる広大な優しい触合い緩やかに感じ取れた事でしょうね。

なかなか古残る場所伺えませんが、足運ばせたいものです。

普段は良く旅行&史記TV等にて嗜み覚え 今の、そして此れから繋ぐ 形。


由佳さんstyle…大切に そっと……

 北海道へは何度か訪れたことがありますが、
やっぱり、夏が一番のような気がします。

 とても、同じ日本とは思えないほどの
雄大なスケールでの自然は、ここでしか
味わえないものがありますね。

 貴重な自然遺産、ずっと後世に残したいです。

では(^_-)-☆

素晴らしいところですね。僕は知床には行けませんでした。
僕もいつか行ってみたいなぁ~

由佳さん、髪がえらい事になってますが^^; また第二弾を楽しみにしています^_^

道東が故郷の私は、小学校の修学旅行が美幌峠、屈斜路湖、摩周湖、阿寒湖の
この辺りでしたね。懐かしいなぁ。

ガラス越しに、サーモン君がこっちを見ていますよ。
「おっ、きれいなお姉さんがいるぞ。どれどれ。。ブクブク。。」
「私、鮭は大好きなお魚です」
「わ~い、嬉しいな。>^)))< ~~ガラス越しのコイ❤だね。サケだけど。。」
「食材としてね」
「ひぇ~!(;゚Д゚) ピューッ!!~~~。。。」w

サーモン美味しいですよねー

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)