« アグラ~デリー | メイン | 恵比寿 »

2013/10/27

コメント


 写 真 比 較 

左の写真と、右(インド)の写真2枚。

右、2枚は、顔全体は映っていなくても、
特徴は良く出ていて、一瞬で 中岡由佳さん。

左は、正面で、顔が全て写っていても、
フリーアナの小島慶子さんの、若い時の写真?と思う。

良く見れば、 中 岡 由 佳 さん?。

正面写真は、特徴を捕えるのは、なかなか、難しんでしょうね?。

  

たくさんの写真も、最後が一番良かったりして☆

こんばんは~☆
旅もいろいろありますが
すばらしい景色や
ご当地のおいしいモノ、素敵な出会いなど
想い描いた期待どおりの旅ができると
つぎの旅への夢もひろがりますネ
o(^-^)o
由佳サンがいつの日か
宇宙を旅するときに
さんかくの地球がまるくなっていれば
やさしい心をしめつける霞んだ空に
陽が射すでしょうネ
(^_^)
何事にも上限下限
せめて安らぎを約束された発展が
どの地にもあってほしいと願います。

Happy Halloween♪

アジアの旅行ってスリルとか日本で経験できないような面白い事が起きてエキサイティングだよね。

無事でなによりです。
インドは行った事ないですが、
カレーとチャイは大好きです。
意味がわかりませんが、
すこしは、インドのこと好きになろうと思います。

お邪魔いたします。
渾身のインド漫遊記。拝読させていただきました。
いや~読みごたえがありますね~。
とりわけ、由佳さんをもってして「素晴らしい」と言わしめた
本場のインドカレー紹介のくだりはたまりません。
バリエーションを揃えて、変化を楽しめそうなところがなんとも。
それにしても由佳さんの旅に対する情熱には感動すら覚えます。
自分を駆り立てる声に正直であれ。

寝姿のこの写真は誰が撮ったんですか?

二度目のコメント失礼しますm(__)m

移動中の寝顔写真ありがとうございます(*^^*)
お蔵入りではなかったんだ!
寝顔も由佳さんだね(ノ´∀`*)
よっ♪寝顔美人(^〇^)…ってあまり言われないかな(笑)
長距離で疲れがどっと出た時だったんですね(^-^)

「インドの人々は生きる為に走っている」

卓抜した表現だと思います。

生きる為に走る…日本人にとって、これから重要なキーワードになるような気がします。


こんばんは~。

インドといえば、日系企業の進出や高い経済成長で注目されているというイメージが
ありましたが、その反面、とても切なく感じたかな…。

宮殿の写真見せていただきました。とても美しいですね!


求めに応じる余力、トラブルを制する余力がなければ距離を置く
というのは日常的にもよくあること
…とはいえ、実際に直面すると、重たいジレンマで心に負担がかかりますよね
想像してるだけですが、わかる気がします
また、由佳さんの優しい気持ちにふれることができて、心が温まりました

短期間の旅は、計画通りに進むことが大事ですが
そのなかでも現地の人と心の交流が出来たとのこと
様々な体験とはまた別の意味で、よかったですね

前回まで抑え目のようだった文章で
空気の様子や周囲の人々の様子など
由佳さんの感じたインドについてのブログ
興味深く読ませていただきました
ありがとうございます
あと、きれいな由佳さんの写真、いつもうれしいのですが
ひそかに由佳さんの横顔も大好きなので、とてもうれしかったです^^

インドの旅、感慨深いものがありますね。
華やかな光のあたる場所の横に広がる影の部分。
己の中の良心との葛藤。
善意で施すことで、略奪が始まったり。と言うことは、結果その行為は善行ではなく、争いの火種を落とす悪行と言うことになる。
何だか、難しいですね。只、そうしなけば、生きていけないのも、事実なのでしょう。切ないですね。
しかも、御仏のお膝元というのもあまりにも、やるせない。
少々、しんみりと思い、考えます。(結局何もしてあげられない、歯がゆさしかありません)
さて、旅の道中は様々に気配りされたみたいですね。普通に旅行出来る日本て凄い事に今更ながら感心するばかりです。
今回の旅は、色々と多方面で得る多かったのではないでしょうか?成長できる旅って良いですね。
では、またコメントしますね。朝の冷え込みが強くなってきました、温かくしてお休み下さいね。バイバイ、由佳さん。

由佳さんおはよう♪今日も寒い((+_+))雨模様になってきましたね!ベストショットの写真を見て2回目の投稿してしまったミロです(笑)自然なふっとした柔らかな微笑み♪可愛い(^|0|^)本当に寝てるんだなーと思う少し口を開けてる初めて見た寝顔♪美しいー(^○^)近くで見てみたいな!!こんなに綺麗な寝顔見たことはない…えっ!?そんなに沢山の寝顔を見たのかと聞かれたらそんなことはないけど(笑)朝の電車ではよく見るけどねっ(笑)今日も1日楽しんで頑張りましょう♪

首が痛くなりそうな写真ですね(笑)
その通りですね。何も起こさないで過ごし、その国ではただの観光客として行き、
無事に帰ってくる。それで良い。
声をかけられてるのに無視をし断る事もできない。つらいですね。
このインドでの体験の話は《豊かさ》や《やさしさ》などどれが繋がり
どれが正しいか考える必要がある事で考えられる事は
豊かだからこそだったりもしますね。
由佳さんが、無事に帰ってきてくれて良かったです(^^)


ゆかちゃんのインドは如何でしたか? 見てはいけないところ、は、多分見なかったでしょうね!物乞いよりもすざましいところが沢山あります。しかし今回の旅はゆかちゃんにとって色々と勉強になったのでは?・・・ないでしょうか!今回の旅では合格点ではないでしょうか^^と・・・思います。

距離が近すぎるとストレスになりますよね。
日本の観光地だと海や山の外観から程よい場所にお土産が売っていますが
車の窓まで来て商売してくるのは近いですね。

人と話す時、相手の声の大きさや顔が近い(笑)と気になることもありますね。
例えばシュウゾウさんのような熱い人と話すのが好きな人には
距離があると情熱が届かない気がして物足りないと思うかもしれない。
車の中で「これがインドなんだ。」と風土を知る瞬間。
兄弟が多い人やワイワイするのが好きな人には、
中岡さんが体験したような近い距離でも大丈夫と思うのかな?
やや不安だと思う場所だと無防備では行けませんので
心身ともに疲れる時もありますね。

タージ・マハールの美しさも、距離が近い物売りも、美味しいカレーも
すべてインド旅行の思い出。
中岡さんの横顔写真が2枚アップされた今回のDIARY。
セクシーな寝顔も新しい印象です。

由佳さんこんにちは♪んー貧しいから生きる為には何でもするのでしょうけど手助けしてあげたい…ある戦争で食料が少なくなり司令官が兵隊と同じご飯を食べ戦いに勝ち抜く!!上官だからと言って自分ちただけ良いものを食べずになんて素晴らし上官かなと思うのは感情論!!上官は戦いを始める前には食料を揃えて飢えさせずにすることが上官の本分!!と言っている本を読んだ記憶が甦りました!!物乞いにも助けて上げたい人や狡くからしい人もいると思うし優しくするとカモだと思われて大変な事になるのかな!!サングラスがあったら良かったかな!?そうそうインドの気候は今はちょうどいいのかな♪

よく芸能人がインドを旅して、はまると聞きます。

インド映画は、楽しい歌あり集団ダンスにアクションありとユニークなカラーで面白いですね。

貧富の差は東南アジアはあるから、学校にも行けなかったり、水道が普及してないから水汲みしたりで、そういうのもありますからね。

由佳さん お疲れ様です。

見聞を広げると
複雑な想いにもなりますね。

お疲れ様でした。よい経験をされたようでよかったです。
益々のご活躍をお祈りします。

お!プロフィール写真、変わりましたね!

インドのガイドさんにも悪質な人がいるそうですが、由佳タンは良い人に
当たって(みつけて?)ラッキーやったね。

海外旅行って、改めて日本の良さを気付くために行くようなもんやと思います。
お疲れ様でした。
しばらく日本でゆっくりくつろいで下さいね^^

20年ほど前にバリへ行きましたが、子供の物売りは変わってませんね。

日本人を乗せたバスが到着すれば外から窓越しに「しぇんえん」。

ただ海岸でレジャーを楽しんでいる時に子供たちが寄ってきて

日本語が上手い事、日本の有名人とか知ってて、すっかりが盛り上がって

幸、こちらの人数と子供たちの人数もほぼ同じこともありその時はTシャツ

でしたが、子供たちにとっては生きる術に日本語を覚えたんでしょうが

胸がつまされました。

インドの旅はすてきだったですね。
これから期待しています。

まぁとにかく、無事で帰還された事が何よりです。当然ながら、
その為のリスク回避は万全だった訳ですね。後になってみれば、
大変だった旅の方が、想い出深いという事もありますけど。

'怖いという気持ちと、切ない気持ちにもなりました'

由佳さんの、この言葉に深い意味を感じました。伝統と宗教、文化、インドの人々のパワーなどもブログから楽しめましたよ♪。 お疲れ様でした楽しいたびであった事が感じられました。 ありがとう !。 

戦後すぐの日本も物乞いしたり、マネーやチョコレートを連呼する子供達がいたり、衛生状態も悪かったり…、もちろん自分は戦争を知らない世代ですが、当時の記録フィルムや本、写真等みると あまり自慢できない時期もあったんですよね。そんな苦難を乗り越え今の繁栄を築いてきた日本。
仕事柄、中国にも何度か行きましたが、桂林等の観光地に行くと、子供達が観光客を見かけると群がってきて、money、moneyと。 北アフリカや南米でも同じような経験をしましたが、発展途上国に有りがちな光景なんでしょうね。国を挙げての教育、特に道徳教育をしっかりやっていかないと、間違った方向に進みそうで、インドのような人口も資源も多い国は脅威になるんでしょうね。経済的な繋がりに外交努力が重要になります、なんてね…(^^ゞ
旅っていいもんですね♪
ってな訳で、我輩も今日からカナダに行ってきます。モントリオールからセントローレンス川を遡りながら、写真を撮って きます(^^)携帯、電波が気になりますが…。
由佳さんは、仕事、忙しくなるのかな。風邪、流行の兆しあるみたいだから、気をつけて下さいね。
行ってきま〜す(^0^)/

お疲れ様です(*^▽^*)

インド旅行楽しかったです\(^o^)/「楽しかった」ってまるで行ったみたいに(笑)
でも写真を中心にわかりやすくて勉強になりました♪

由佳さんの旅を楽しんでいるスマイルショット♪不意に撮る写真ってベストショットになったりしますね♪ガイドさんグッジョブ(^o^)v
寝ている写真はお蔵入りかな(笑)

旅慣れしている由佳さんにとってたくさん違う発見があった旅になったんだね♪

DIARYの中では書かなかったインドの日常はやはり物乞いや物売りなど、トラブルの元がたくさんあったんだね。
ガイドさんの目を合わさずは全てだね!そこから感情の油断が出ちゃうから!
ほんとツラいね(;>_<;)同じ「人」なのに見ることをしない無視って。でも現実なんですね!
今回のインド旅行日記で海外旅行の心得を学びました。
しっかり国の文化や特色を理解勉強してからなんですね。それと現地ガイドさんの重要性も!インド旅行へ行くときは今回のガイドさんなら安心ですね(*^^*)

砂埃はなんとなく写真からも感じたかな。そしたらマスクなんかも必要になるのかな?水や虫刺されや現地に行かないとわからない事もあるんだね!気候もほんと難しい!旅行前に体力、最低限体調は万全にしないとダメみたいですね(^^)

素晴らしい世界遺産を見れた事、奥深い食文化を勉強できた事、貧富の差やトラブル事件など悲しい現実も知った事も、すべてがインドの思い出に由佳さんの心の糧に成長に♪旅の力って凄いね!由佳さんがうらやましい(*^^*)

自分も頑張って旅に行くぞ\(^o^)/由佳さんもいつまでも旅人でい続けてね♪
インド旅行日記ありがとうございました(^o^)
そしてお疲れ様でした(*^^*)
DIARYの写真も変えて新たにスタートですね♪2013冬もがんばろね(*^^*)

由佳さん、こんばんは。
インドに行ってらしたんですね?僕も来週インドへ出張に行きます。予習をさせてもらいました(観光は出来ませんが。。。)
僕が住んでいるタイにも物乞いが居ますが、元締めも居ると聞きます。
なんだか同じ人間なのに、切ないですね

悟りを開くにはもってこいの環境ですね。

ゆかたんおかえり(^ω^)

立場の違い、文化の違い、そこから生まれる価値観や人生観は多様ですね。
日本でも様々な場所、生き方がありますが、世界にはもっと信じられない程の生き方や考え方が
あったりしますね。普段話したり一緒に行動する時は自分と似た考え方や、同じ方向を向いている人。そんな人の方が落ち着きますが、こうして全く違う国に身を置くことで、日本での常識を
置いて、考えたり見たりが出来ますし、そこで生まれる自分の中での新たな価値もあるかもしれません。
発展途上の国とはいえ、その国の全国民がその恩恵を受けている訳でもなく、まだまだ苦しい生活の方もいらっしゃいますし、それは日本でもある悲しい現実です。

インドの旅が視野、見聞を広げ、中岡さんの中でかけがえのない価値が生まれたのだと思います。改めてお帰りなさい。

インドネシアに行った時も
似たような感じでしたよ。
オーストラリア人は完全に
無視してました。

旅でも、仕事も面倒臭くなることには
近寄らないのが一番ですねf^_^;)

色々な意味も兼ねて感謝して生きたいですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)