« デリー~ジャイプール | メイン | アグラ~デリー »

2013/10/24

コメント

ナマステ~☆
ラッシーは存在は知ってるものの
飲んだコトはないので
現地でいきなり味わえるかといえば
自分ならためらいそうです…
(^_^;)
やはり、世界を旅するには
旅先の国の味を
ある程度、日本の本場料理店で慣れてからゆくのがベストなのでしょうネ
(^O^)
由佳サンは普段
海外の料理を食べたりしてるから
だいじょうぶそうだネ!
飲みおえたら割ってしまう器は
できれば割らずに記念に持ち帰りたいと
自分なら思ってしまいそう
(*^o^*)

最初に、「コラッ」です!しんどいのに、こんなに根気な作業して、ですよ。良くなったからいいですけど。こじらしでもしたら、悲しくなります。
ですが、由佳さんは皆の期待に答えるべく頑張ったのかなと、思うと嬉しく感じます。以後、しんどい時は休みましょう。
さて、今回の西遊記もやはり濃厚な内容ですね。特に建築物の美しさは日本にはないものですね。
あと、ゾウタクシーって!凄いですね。どんな感じなんですかね。高くてみはらしは良さそうですが、ゾウの香りとかは気にならないレベルなのでしょか?何だか妙にゾウのタクシーが気になってしょうがないです。
では、またコメントします。くれぐれも、無理なさらない様に。バイバイ、由佳さん。

あちこち行ったんですね~。いかにも日本人旅行者とかいなさそうで、ディープなインドという感じですね。

インドは呼ばれた人しかいけない国なんだ、って聞いたことがあります。ゆかさんは、呼ばれたんですね。わたしは、まだ呼ばれてないですが、いつか呼ばれるかな、と楽しみに待っています。

見れば見る程、いろんな意味で凄い国ですね。由佳さんの、
フットワークの軽さにも、改めて脱帽です。幸せの印をつけた、インド風
大和撫子!って感じが、ミスマッチながらもいいですね。

写真がとても素敵です。

お疲れ様です(*^ー^)ノ♪

今回もお天気に恵まれて素敵な写真撮れてますね(*^^*)
ラッシーが飲み物に見えないぐらいのとろっと感がありそうで、へぇ~割ってしまうのはもったいない気持ちになりそうなかわいい器だね(*^^*)

町中風景も朝日がきれいだけど、相変わらず交通はバスありバイクあり自転車あり馬車ありと乗り物オールスター状態だね(笑)

ほんと夜の顔とは違う風の宮殿が(*^^*)写真で見ても壮大さを感じる!目の前にしたらもっと迫力があるんだろうなぁ~♪

ゾウさんの高さがバスの高さを上回っているのも凄いね!目の前に生ゾウさんがあたりまえって(笑)

山の上のアンベール城の写真は額をつけて飾りたい一枚♪空とお城と緑のコントラストは最高(^o^)お城から見る町の風景もよさそう♪

うわー!大きな鍋!確かに強い火力で熱そう!かき混ぜるときは、のぞき込むようにヘラを使うのかな(^^)大きな鍋見て山形県のいも煮会を思い出しました。いも煮は重機を使って混ぜてましたよ(^^)

ふーん♪天文台も歴史を感じるね。

アグラへの道中の車の後ろにつかまり乗りで落ちたりしないのかね?インドの列車でも列車の上にいたり満員電車の域をこえているよね!
アグラに着いても、やはり交通はグチャグチャですか(笑)あらためて日本の交通整理の良さを感じるね(^-^)

「ナマステー♪」幸せの印は意味のあるものと同時におしゃれのひとつなんだね♪それでサリーを着たらきれいだろうなぁ~(*^^*)

2日目は世界遺産を中心にした旅で、きれいな風景や驚きの文化など楽しそうでした\(^o^)/
自分も旅しているようで、今回も楽しかったです(*^-^*)
写真も素晴らしくて『山の上のアンベール城』は絵に描きたいぐらい素敵でした(^-^)

次のアグラ~デリーも楽しみに待ってます(^o^)
またまたまとまりないコメントでゴメンね(^_^;)
寒くなってきたので、あたたかくして休んで下さいね(*^^*)
おやすみなさい♪

え~?このラッシーの店って、1944年創業ですか!
(ちょっとのけぞってみました^^;)
素焼きの器は、飲み水を入れておくと、染み出した水による気化熱で
中の水が冷たくなるということでよく使われていると何かに書いてました

歴史的な建造物にも、今日の生活習慣にも、
様々な生活様式を維持する人たちが混在している様子が感じられて
とても興味深く読みました
ところで、食材の売場とか、今回はあまり覗く機会はありませんでしたか?
(独身自炊野郎は、食品売場に大変興味を持ってしまいます…私だけか)

最後の由佳さんの写真に
いつものことですが、見とれてしまいました

由佳さん お疲れ様です。

旅行気分で楽しませて貰っています。
有難うございます(^.^)

象タクシーって高くて怖そうですが、慣れたら気持ちよさそうです。 
インドも人口が多いですから、交通の面では人々も二人三人と乗れるだけ相乗りするんでしょうか?
素焼きの器は捨ててしまうのですね。
元は土だし循環しますから、エコと言えばそんな感じですね。
巨大な鍋に天文台。
インドに限らず天文の観測は古代から各地で行われていますが、今よりも天文学は昔の方が
より生活に根付いていたんですね。きっと。

ナマステー。幸せの印、可愛いです。

泥の中の象 お城を案内する象 荷物を運ぶ象
ひとりでも多くの人を助けたい気持ちが表れているような
4本の手を持つ 白い象ガネーシャ

朝のヨーグルト ラッシー
何をやるにも「健康」でなくてはいけないと教えてくれる
乳粥を差し出す スジャ―タ

ガネーシャもスジャ―タも 幸せの印
旅先の部屋 明かりをつける
「肉」と書けばプロレスラーのように強い心を
「m」と書けばメロンパンのように優しい心を
おでこの印 ぜんぶ楽しい幸せの印

ジャイプールの「風の宮殿」が朝の光をうける
ピンク色が光をうければ 太陽と同じオレンジ色に見えてくる
太陽がいつもそばにいる環境
そこにあるのは安心 太陽に包まれる中世の宮殿

旅の疲れ、とれましたか…。
いつもながら、素敵な写真をありがとうございます。自分もあちこち行く割に仕事柄カメラを手に撮りまくるってことができなくて、あまり手元に写真ってないのです。せいぜい、お客さんなどの同行者の人達が撮った写真をもらうくらいです。だから、由佳さんが羨ましくて…(^^ゞ
10年後には、中国の人口を上回り、いろんな意味で潜在競争力の高い国、インド。IT関連や商業、金融、サ−ビス業など三次産業の成長が著しい国ですが、旅して気付くのがインフラ整備の遅れ。中国もそうですが、目抜き通りをはずれると、汚さが目につきます。
親日的な国だけに、中国のようにならず、より魅力ある国になればなぁと思います。観光産業に従事する身には、非常に気にかかる国なんですよ(^^)
さあ、もう一仕事!

無事に回られて安心しました。色々な遺跡、各所歴史を感じられます。体調管理して下さいね…

素焼きの器――
もし、それにソフトクリームが盛られていたら、間違えて食べちゃいますわ。
で、ン~( ̄~ ̄)…なんか素焼きの味がする…ナンチャッテ

ジャイプルの天体観測施設は、たまたま6月にTBSの『世界遺産』で
やっていたのを見ていました。昔の施設なのに、なんとなく未来的で、
キリコの絵のようにシュールで不思議な風景でした。

交通事情は台湾と似てますね。
素焼きの器。割ってしまうのはもったいないわ。僕やったら持って帰って
ビール飲む時に使います。そうしたらめっちゃうまそう^^

由佳さんこんにちは(^o^)/そしてありがとうございますm(__)m超大作の旅行記!!見て読んで心がワクワクして楽しくてしかたありませんo(^o^)o素焼きの入れ物を見て古墳時代かっ!と突っ込みを入れたり♪マハラジャはやはり金持ちなんだなぁーと思ったりいろいろ楽しく読ませて頂いております♪次回の旅行記が待ちどうしいです♪

ナマステー

ビューティホーv( ̄ー ̄)v

写真がたくさんで良いですね♪

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)