« 高専ロボコン2015全国大会 | メイン | 玲奈ちゃん&セ・フロン »

2015/12/01

コメント

●リコッタのXmas 2015 #02

忙しい12月だというのに、休日を利用して宇佐木田氏と二人で横浜にあるお寺を観に行った。
お寺の庭にある"赤い橋"が見たくて宇佐木田氏の車で出掛けた。
車の中は最新のナビゲーションシステムやレコーダーなどが完璧に設置されている。
僕は密かに負けたと思った。車中ではロボットの話になり、
"人間が侵入できないエリアで活躍するロボット"の素晴らしさを二人で話した。
そして、僕は音声ガイダンスの「#を押してください」など少し抵抗があるという話をしたら
宇佐木田氏は全く問題なくすんなりこなせると答えた。僕はここでまた負けたと思った。
ロボ以外でも新しいシステムに柔軟に対応するのは重要だなと思った。
すべてを理解していなくても。

お寺の"赤い橋"を観たとき、とにかく感動した。
90年代、自然災害も含めたおっかない出来事がたくさんあった。そしてたくさんの対策が構築された。
それと同時に僕らは松ケンひろしや釣りバカ浜ちゃんたちの考え方を手放してしまった。
リコッタの好きな発明家の格言をリスペクトした言い方をすると
「1%のおっかない出来事に対して、99%のマトモな人たちを疑う社会」になってしまったのだ。
例えば松ケンひろしの走る足音が、いつしかドラムとギターの音楽に変わる。
理屈やルールとは違う最も重要な"情熱"が地面をキックするとき
松ケンひろしの足音が聞こえた時点で、もうすでに音楽は始まっているのだ。
佐々木課長の手帳に追加メモをする釣りバカの浜ちゃん。
温泉旅行を当てようと、根性をみせる松ケンひろし。
この2つが見れただけで平成27年は特別な年となった。

***

横浜はリコッタのゆかりの地でもある。高校生の頃にリコッタがバイトしていたパン屋さんを思い出した。
車をとめてお店に立ち寄った。少し早いクリスマスケーキを買った。
リコッタは風邪ぎみだと言っていたので、宇佐木田氏のアドバイスで「しょうが湯」も買った。
家路にむかうために車に乗ろうとした時、横浜の夕陽が車のボンネットに反射して眩しかった。
なんとなく幸せを感じるような…、あたたかい夕陽の光だった。


●リコッタのXmas 2015 #01

例年に比べてあたたかく感じる12月。スマホ画面や街にもツリーが登場し
少しずつ今年のクリスマスが始まろうとしている。
アストン商店街の新情報として、先月の11月にリコッタのカフェ2号店がOPENした。
1号店のような立地条件の良さはなく、商店街の路地に入った奥まった場所。
ここは経営には難しい場所で、いつもシャッターが閉まってしまう場所だった。
経営のパイがしっかりしている宇佐木田氏に相談したところオーナーとして出店してくれることになった。
宇佐木田氏の条件は売上の%から引かれる賃貸費を最小に抑えることと
店主はリコッタで店を始めたいとのことだった。
店が軌道に乗れない場合はこのまま宇佐木田氏の経営、
店が軌道に乗ればリコッタに手渡すという方向性を宇佐木田氏は提案してくれた。
1号店はmikaに任せて、リコッタはカフェ2号店で新しいスタッフと一緒に働いている。
カフェ2号店のコンセプトは"流木とボルト"。砂浜に辿り着く洗練された経験を積んだ流木と
都会に暮らすビルドのイメージで、工場の部品を演出したボルト、壁にはアルミパンチングという内装だ。
木製のテーブルや椅子のまわりを流木で囲いコーヒーを飲む。経験を積んだ男女が暖をとるイメージだ。
音楽でいえばジェフ・マルダーの「Kitchen Door Blues」のような落ち着き感、
ルー・リードが歌う「I Love You」に含まれた深い愛情、
20年の「学」、20年の「働」を経験した男女のための"次の20年"へ向けたカフェなのだ。

店内にはお客さんが自由に手にとれるように、リコッタが選んだ素晴らしい本『100冊』が並んでいる。

100冊の内訳で僕も数冊選ばさせてもらった。
子供と一緒のお客さんへ向けて選んだ一冊がある。それは「クオレ物語」。
主人公の少年が父親を看病する話だが、物語の途中である勘違いをしていることに気づく。
その勘違いに対して、少年の決意が素晴らしいのだ。
リコッタのカフェ2号店、現在は宇佐木田氏の従業員が昼休みに利用してくれているが
大事なことは街の人たちへ反射して反映するのだ。
本物であればいつか必ず反射して繁栄するのだ。


早く治まるといいですね(^.^)

きょう耳鼻科を受診したら副鼻腔炎でした。
長引く風邪と思ったら、副鼻腔炎を疑うべきですね。
鼻がよくでてとまらないと思った時に耳鼻科に行くべきでした。
処方された薬をのんで、きちんと完治させます。
ご心配おかけしてすみません。(๐•̆ ·̭ •̆๐)

由佳さん お疲れ様です

体調、良くなってきてなによりですね
12月になりお店の飾りつけも一段落しました

グッと寒くなってきましたのでぶり返さぬようにね

こんばんは。いよいよ12月。1年が経つのが早く感じます。街並みはイルミネーションで彩られてますね。バカラシャンデリアの撮影も構図等、苦労されているようですね。自分の子供の頃はサンタクロースは小学生迄、信じていました。妹の喜ぶ顔を亡き父や母が
嬉しそうにして団欒が深まり両親には感謝しています。美菜ちゃんも毎年、楽しみにしてけれる事と思います。体調が悪くても育児は休めない綴られた文章を読んで頭が下がります。子供の頃を第一に考えて行動する。由佳さんを含めて全国のお母さん。素晴らしです。これから冬が到来するので適度に身体を休めて日々をお過ごし下さい。
Ce.FRLONのオンラインショップを拝見しました。ブラウスやニット、コート等、部屋着から出掛け用の色合いや手頃な価格も魅力的でした。男性の自分もコーディネートの仕方を参考にしたいと思います。o(^-^o)(o^-^)o

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)