« NY②日目 | メイン | NY④日目 »

2016/04/29

コメント

●ニューヨーク、都市と農場

NYをライフスタイルとした映画、音楽、料理、建築など
たくさんあるポップカルチャーの中で
半世紀以上みんなから愛されている作品『おさるのジョージ』がある。
作品はNYの大都会と別荘がある田舎の2ケ所が舞台になっている。
枕元にミミズ(にょろにょろ)を持ち込んでしまったり
最近の話だと庭の花をシカから守るために、一晩中、音声を流したり(笑)
うまくいかないこともあるけれども
ジョージの素晴らしいところは「とにかくやってみよう」という姿勢だ。

賢いジョージの発想や考え方。
経済学や創立者が考えるイノベーションも大事だが、現在の自分自身が興奮しているのか?ということだ。
いろいろ学んで経験して1周した時、フッとジョージのユニークな発想が刺激的に感じられるのだ。
物語に登場する3人の博士はジョージの素晴らしさに気づいていて
宇宙ロケットや海底探索など重要なミッションをジョージに任せることがある。
おさる(子供)だからダメではなくて、
相手を軽視しないことが成功へのひとつのやり方だと態度で示してくれている気がすのだ。

ジョージが作ったヨーヨー付きのゴムバンドリン。
洞穴に逃げ込んだウサギたちに人参をそっと与えるジョージ。
コオロギの鳴き声で気象予報をするジョージ。
デパートから出れなくなっても"おっかげろー照明"で場所を伝えるジョージ。
どれも最高なのだ。

今すぐは無理だとしても 傷も癒えた頃に…持ち前のガッツでV字回復を目指す、くまモン。
セントラルパークで元気に遊ぶ、犬のジャーキー。
ちょっと臆病なリスのジャンピー。
レンキンス農場のヤギや鶏。とても楽しい仲間たち。
今年の干支は元気で賢いおさる。申年はまだまだ続くよ。
主題歌がドクタージョンだと知れば、音楽好きな大人たちも大コーフン!
DIARY写真の中にジョージがいないのは…
きっと、飛行機に乗ってやってきたお友だちのために
歓迎パーティーの準備をしているからに違いない。

こんばんは。 NY滞在記3日目を拝見しました。


下から見上げると摩天楼のようなオフィス街。

stump town Coffee Roasters。
ホットもコールドもリーズナブルな価格。
自分の好きなココアも見つけました。

繊細な模様のラテアート。
アーモンドクロワッサンとラテの朝食で元気を充電。


Star bucksでミルクとアップルジュースをお買い物。
ミルクの可愛らしいパッケージ。

クロワッサンとミルクでお腹と心がゆっくりと目覚める美菜ちゃん。

Central parkの緑に囲まれながら奥にうっすら見える桜のような木々の中
由佳さんと美菜ちゃんの安らぎタイム。
少し大きなワンちゃんとの触れ合いや驚きの表情。
ワンちゃんとの距離が縮まったようですね。

ベンチに座ってひと休みの由佳さん。
聳え立つ高層ビルに合間った雄大な景色のセントラルパーク。
パワースポットのような心地良さが魅力的。

暖かな陽気に誘われてリスも遊びにくる程のほんわかさ。


憩いの場所から離れたくない美菜ちゃん。
居心地から気に入ってしまったようですね。

whitney Museum of American Art。
レストランの焼き上がったパンと香りが伝わってくるようなバター。
相性バッチリな2つの味わい。

Octopus marinated radicchio preserved lemon。
Roasters end fried Chicken,spaetzle dumplings trumpet mush rooms。

タコの素材を活かした料理。
鶏肉をロースト、フライに仕上げ野菜を取り入れた料理。
ダニー・メイヤーさんとグループの皆さんの探求心がお皿に華を咲かせていると思いました。


The High lineからCHELSEA MARKETへ。

果物やきのこ類が勢揃い。
市場の用な活気も良いですね。

CHELSEA MARKETのESSPRSSO。
カップとお皿のシンプルな絵柄と
程よい甘さにひといきつかれ


年代を感じるMetro-North-Railoadの車両。

Tarry townからBlue Hillat Stone Barns。
広大な農場やグリーンハウス。
山羊やニワトリがゆったりと過ごしてますね。


レストランの特徴的な野菜の盛り付け。
美菜ちゃんはぐっすり夢の中へ。


大地の恵みを余す所ない自然の味わいや絵画のような専念されたコースメニュー。


食材を愛情込めて育てる方。
その食材を叡知を振り絞り至高の逸品に仕上げるシェフ。
至高の逸品を絶妙なタイミングとサービスを提供するスタッフ。


三位一体の連携でお客様に最後迄、楽しんで頂く工夫と
食の原点を改めて考えさせてくれますね。

まだまだ続く滞在記
今度の街での和やかなひととき楽しみにしています。 o(^-^o)(o^-^)o


アスパラガスだけを食べましたよ。
周りに敷き詰められたものは何でしょうね?
剣山を使って野菜を立ててサービスしてくれましたが
自然にある野菜の形で盛り付けることで、生命力を感じました。
採れたて野菜、地産地消だからこそできる
スタイルなのかもしれませんね。

由佳さん お疲れ様です

素敵な画像、有難うございます
とても勉強になります(^.^)

ニューニューヨークスタイルな料理ですね
ちなみにアスパラガスの周りの物は食べれるのですか??

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)