« しまちゃん | メイン | 帽子 »

2016/06/07

コメント

由佳さん お疲れ様です
温泉、のんびりできて良かったですね
湯河原ではもう蛍なんですね
蛍はもっと暑い時期だと記憶してましたが
子供の頃なので不確かでしたね(^.^)

何気ない旅館の朝飯ってなぜか特に美味しいですよね

作業着スタイルっていうか、柔道着ですね。超初級の鼠帯。
親子ガエルに手を伸ばす、その及び腰というか、へっぴり腰。
(ママ、押しちゃヤ~よ…、と上島竜兵の気分かな)
置物か本物かわからないってところなのかもしれませんが、
もしその大ガエルが、突然、「こら~ウチの子になにすんねん!」って、
ピョン、と大口開けて跳びついてきたら、
もう、ママ~どころじゃなく、大将戦に突入です。
「グランマ~!」
と、大(グラン)ママに出番を求めるしかありません。

久しぶりのお母さん、変わりませんね。
カメラを向けるといつも笑う、というその笑顔もお変わりなく♪

『明るい時間の露天風呂って贅沢ですね』
って、はい、そりゃ贅沢ですわ(笑)

美菜ちゃんの作務衣、後ろの屏風?・・・いい写真♪。

「ママ~」は「美菜、冒険したよ♪」ですかね~。

・・・私自身が楽しんで・・・。

それが一番です。 

湯河原に行って「ううん~」では湯河原の人に謝らなきゃ(笑)。

楽しみの時間を作る事。 絶対に大事なことだと思います。

夜分に失礼します。


お母さんと美菜ちゃんとの湯河原温泉旅へ。


最短時間やルートを事前に調べたり美菜ちゃんに合わせた座席
降車はホームの設計や電車により高低さがあるのでびっくりしますね。

道中、お疲れ様でした。

美菜ちゃん、作務衣に着替えて遊びたいモードかな
周りの絶景も含めた露天風呂~
心身ゆったり出来ますね。


好奇心アンテナ全開の美菜ちゃん。
親蛙に触りながらも少し驚いたのかなと思いつつ
家事の最中の出来事も甘えたい一心の素直さが感じ取れました。


逸品料理と銘酒を堪能した後の蛍鑑賞。
煌々しい蛍の神秘的な空間を満喫されたようですね。

美菜ちゃんも途中迄は由佳さんと一緒に夢のような心地良さを
体験した事でしょう。


早朝の露天風呂は清々しくさせてくれますね。
その後の土鍋ご飯に鯵の開きの朝食。


和やかな気持ちと共にホッとします。
(知事問題は真実をしっかり述べて頂きたいと思います)

帰りは横浜経由からスタバへ。
旅行を通してお母さんの笑顔や
由佳さんの嬉しさが増した親孝行さも伝わりました。

親孝行で思い出しました。
生前、父が子供が元気で人生を歩む事が親にとって何よりの喜びだと言っていました。


今は兄と自分、妹で母を支えながら月に数回、食卓を囲んだり
出掛けたりと家族の輪を広げています。

人それぞれの親孝行。
家族が笑顔の絶えない日々を過ごせれば幸せに繋がると自分の中では思っています。


由佳さんも天国で暖かく見守るお父さん。
優しさ溢れるお母さん。
旦那さん。 美菜ちゃん。

家族愛を沢山、育みながら充実のひとときをお過ごし下さい。


また
機会がありましたら湯河原温泉旅を
楽しみましょう。

o(^-^o)(o^-^)o

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)