« GW | メイン | 朝のひととき »

2017/05/16

コメント

美菜ちゃんが女性らしくなっていく…
だけど、身の回りの物との大きさのギャップで?
…まだまだかわいいレディなんですね。

●旅【鉄道篇】

僕は鉄道ファンではないけれども、あるテレビ番組で路面電車の始終点を目にした。
線路の先にはポールがちょこんと置いてあるだけの表示。いい感じだった。
出演者のサラリーマン風な人が楽しそうで、こっちまで楽しくなった。
そして、別の鉄道では映画のロケ地にもなるようだが、千葉のとある鉄道の風景も
線路と緑が美しくいい感じだ。

旅の移動手段は飛行機、車、船、いろいろあるけれども、鉄道の旅も魅力的だ。
最近は高級列車も話題になることがありますが、素朴な路線や電車が好きですね。
僕が本当に好きな鉄道は、ここだけの話…やっぱり銀河鉄道だ(笑)。
日本を代表する銀河鉄道物語は2つありますが、両方よく覚えていて
スリーナインのことを語ると、とんでもなく長い話になるので今は封印しています(笑)。
宮沢賢治版も話すと、嫌になるほど長くなるので、こちらも封印しています。
余談ではありますがお酒の席で "俺たちの近鉄バファローズ" についてみんなで語り合い、
伝説のロッテ戦、誰も止められないブライアント、野茂氏の活躍、ムチャな乱闘…
大爆笑と感動の連続で盛り上がりましたが、
野球に興味がない冷ややかな女子の目線もあったので、何事もほどほどにしている。

親戚のチビッ子に会う時はジェネレーションギャップを埋める話題として
「去年、きゃりーちゃんの電車を見たよ。」と話しかけることにしている。
最初は目を輝かして話を聞いているが
インスタにUPしたり、乗車して楽しんだわけでもない、ただ偶然見たというだけで、
心の声として本当は見間違えだったのではないかという自覚もあって、話はすぐに終了(笑)。
電車の話をするとチビッ子からトーマス君の話をしてくることもあるので、
最近は聞き役に徹することにしている。

*****

いろいろな場所を訪れて、いろいろな食べ物に触れて
始まりはパンの話。10年間の旅が詰まったDIARY2。
新しい家族が増えたことで、これからの未来、2017年がみえてくる。

●旅【音楽篇】

いろいろな国を訪れて、いろいろな人に出会って
2008年5月…10年間の旅が詰まったDIARY2。
旅を再編集することで、思い出と一緒に新しい2017年がみえてくる。

2010年代は自然災害も多く、時には「平和」「頑張ろう」という言葉では
気持ちを伝えきれないもどかしさを感じることがある。
でも、代わりの言葉を探したところで良い言葉はみつからない。
佐野さんが2015年に発表した『Blood Moon』。
旅の途中が描かれている好きなアルバムだ。
僕が大事だと思うところは
収録曲「優しい闇」「紅い月」のソングライティングにある
"約束の未来なんてどこにもない" "すべては壊れてしまった"という言葉を
バンドの演奏が力強く救い上げて、前向きに表現しているところだ。
未来に向かって頑張ろう、という言葉よりも
悲観的な言葉をバンドの演奏力で前向きな言葉に、またはそれ以上の
向上するマインドに表現されているところだ。
前向きな言葉が持っている本来の意味よりも、更に上の意味を見出していると思う。
バンドに演奏力がなければ、悲しいつながりの歌になってしまう危険もあるのに、
このバンドならできる! と判断した佐野さんのクリエイティブな意識の高さに感動するのだ。

そして佐野さんのライブツアーでは『Blood Moon』と同じように
現在でも心に響く80~90年代の歌も披露される。
佐野さん自ら選曲していることがビシビシと伝わってくる歌たち。
その過去の楽曲たちの中で、最近のアルバム以上にチカラを持つ歌が浮上してくることがある。
それは90年代に発表された「誰かが君のドアを叩いている」だ。
リフレインする"光の中に闇の中に"
うまくいくこと、そうでないこと。嬉しいこと、そうでないこと。
何か大事なことがみえてきそうな気がする現在の2017年と響き合うことに感動する瞬間だ。
片手には『Blood Moon』、もう片方の手には「誰かが君のドアを叩いている」
旅に持っていく物は、この2つと少しのお金で十分だ。

クラシック音楽や映画音楽にも素晴らしい曲はいっぱいあるし
ヒットチャートの上位に入る数曲、楽譜に忠実な歌声も好きだ。
けれども…僕にとって一番大事なのは経験の声で歌う曲だ。
例えば、ライブでずっと歌い続けている「ロックンロールナイト」でシャウトしてきた声。
客席と一緒に歌い続けた「悲しきRADIO」でI love you,You love me,してきた声。
そんな経験の声で歌う「バルセロナの夜」は美しく、そして愛情に溢れ
「ニューエイジ」では"(1980年のNY)バンガロービル、なんでキルしてしまったの?"
という2017年の世界情勢にもあてはまる歌詞と経験の声に衝撃を受けるのだ。

そして、今年の夏、佐野さんの新作が聴けるようだ。
ヒップホップやSNS、そしてMr.ビーン(笑)など、誰も知らなかったことに
いち早く気づく佐野さん。
世間では『Blood Moon』にも追いついていないのに、旅の続きでもある新作が聴けるのはすごいことだ。
女性の声が母親の声になる、それも大事な「経験の声」かもしれない。

5月はいろんな花の匂いが香ってきますね。
5月上旬はジャスミンで、クチナシも病み付きになるほどいい香り。
色香とはいいますが、花って白いほうが案外香りが強いのかも? なんていま思いました。
そういえば、スズランもカサブランカも。白香(しろか)ってわけですね。
白香――。色香に対し、色気抜きの香り高さのみ、とでもいいましょうか。
ママへ捧げるこの花の香り、どんなでしょうね。
花捧ぐ、まるで贈られるかのごとき笑顔にて。
人の喜びを自分のように喜べる、というのはすごいことですよね。この年にして。
ジーンズの赤いリボン、かわいい。ミニーちゃんのリボンみたい。

国ごとの分類、いいですね。
実は7月に仕事でフィリピンに行くんですが、どれどれフィリピンは……。
まだなかったか、と。

まぁストレスも溜まる時は気分転換して心をリフレッシュを心掛けて下さい(*´∀`) 🙋

こんばんは。


お子さんが誕生してから時間の経過があっという間に過ぎる中でも
自分の時間を有意義に取られている事に安心しました。

これから暑さが増してくるので一人でこなせない時は
家族の支えに甘えて下さいね。

Diaryのカテゴリーは気になってました。
今迄、訪れた各国の情景や触れ合う方々から旅の視野を広げるスタンス。
観光だけではない人間性が豊かになれます。

一方、テロ(言葉自体使いたくありません)が色々な問題が
あるのは事実ですがだからと言って大切な命を絶やす行為は許される事ではありません。


解決に導く糸口から平和の架け橋になる事を切に願います。

おっととと!
そうこうしてると息子君がサインを出してあやしたり
お疲れ様です。


自分の妻も片時も離れず娘を育てているので感謝に尽きません。
母の日は自分と子供達とのプレゼントに喜んでくれました。

母の日の美菜ちゃんからのお花のプレゼント。


白とグリーンの彩りもホッとさせてくれつつ和やかなひとときに
なった事と思います。


心身に元気を貰えるような爽やかな香りが伝わりました。

更新されるDiaryから時に勉強をさせてもらったり時に楽しい気分に浸らせて貰ったり
角度を変えて読ませて頂いてます。


これからも日常の色とりどりDiary
応援しています。

o(^-^o)(o^-^)o

由佳さん お疲れ様です

母の日の贈り物、大人な雰囲気の花束ですね(^_^.)
時間の配分なかなか難しいでしょうが
お母さんが寝込んだら大変なのでほどほどに・・

こんばんは。

私も仕事上多忙なのか、たまにですが、
午前1時をまわってやっと寝れる事がありました。(汗)
(※あまり身体に良いとは言えませんが…。)
夢中になったあまり、気付かずに時間が経ってしまった事も
私自身よくわかります。

美菜ちゃんが素敵なお花をプレゼントとは、すごいですね〜。(^∇^)
ついでに、私の今年の母の日は、
ハンカチと扇子のセットと花束のプレゼントでした。(^ν^)

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)