« 風邪と育児 | メイン | 旅の計画 »

2018/01/18

コメント

こんばんは!

まさか由佳さんから
今回みたいな話題が出るとは思いませんでした

少し似たような境遇の記憶が淀む心の底を覗き込みながら
私は由佳さんがご自身の気持ちに強く向き合う姿勢に
尊敬の気持ちを抱いてしまいます
(由佳さんのお話をもっと聞いてみたい気持ちです…失礼ながら)

日常とは、なかなか正解の見つからない繰り返しのように思いますが
そしてひとりひとり進み方は本当にまちまちですが
それでも前に進んでいくのが、生きているものの定めなんですね
(・・・全体的に、「何言ってんだ?」って感じですw)

こんばんは。

育った時代や環境が違うのも人それぞれだし、
親子でも意見や考えが合わないときもあると思います。

まずは、じっくりと向き合ってみたらどうでしょうか。
簡単に答えが出なくても、
何かきっかけが出るかもしれませんよ。

こんばんは。 夜分に失礼します。

色々な家庭があり色々な事があるのも家庭かなと思います。
私事ですが自分の両親、祖父、祖母も夫婦としての
絆が深くなく子供の頃に垣間見た自分は寂しさもあり
感じる事が多様にありました。

そんな自分でも妻と巡り会い子供を授かり
その姿を父と祖父には見せられなかったけれど
祖母と母がこの縁で家族の絆を強く、太くなりました。


過去があるから糧に繋がり前に進むきっかけ
になる事もまた人生だと思います。


由佳さんのこれからは大切な人達との大切な時間の中で
思い描く家族としての在り方を模索して行く過程で新しく生まれる事でしょう。
結論は急がすゆっくり前に進んで見て下さいね。


守るべき、支えてくれる存在は自身も周りの人達も幸せです。


お互いに頑張り過ぎず親として試行錯誤しながら
心身を充実させて行きましょう!


由佳さん、こんばんは。

だいじょうぶ!
応援していますよ、由佳さん。

由佳さん お疲れ様です

家族のカタチはそれぞれですが
信念をいつも抱いて向き合っていきたいですね

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)