« New Zealand② | メイン | New Zealand④ »

2018/05/27

コメント

●梅雨の晴れ間に

リコッタが旅行から帰ってきたある日、ふたりで宇佐木田邸を訪れた。
目的はお土産を渡すことだが、久しぶりに宇佐木田氏の娘キャロットに会えるのも楽しみだ。
宇佐木田邸に到着すると、ラウンジで宇佐木田夫人とキャロットとリコッタの3人が
挨拶も含めて旅の話やキャロットの学校生活の話で盛り上がっていた。旅先が南半球のため
"ぬののふく"一枚では寒いと思ったリコッタは装備をしっかりしていたおかげで過ごしやすかったという話と、
教会や宿屋が近くにあるからといって、フィールドを歩きすぎると経験値に比例しないモンスターが
現れるので注意したというユニークな話がいい感じに場を和ませていた。
キャロットは中学2年生になり、テニス部に所属している。部員にシュウゾウさんのような
熱い人がいなくて物足りないようだが、すっかりテニスに夢中のようだ。
小学生の頃は、父親とふたりで朝の子供向け番組「あばれる君と小池ちゃん」を見ていたそうだが
成長と共に娘は番組を見るのを卒業したのに、父親の宇佐木田氏だけが見続けている(笑)という
お茶の間がちょっとおかしな構図になっているそうだ。日々の大人同士の探り合いとか駆け引きの疲れを癒すのには、
あばれる君と小池ちゃんとその仲間(家族?)が最適ということなんだと思う。
パパだけが継続して見ているお茶の間は、僕はきらいじゃありません。
宇佐木田夫人が夏のニットシャツを買いに行きたいというので、リコッタとキャロットを含めた3人は、
ネットでなく、近くのデパートに出かけた。宇佐木田夫人は買い物した後に
必ず高級フルーツパーラーに行くので、リコッタもキャロットもそれを楽しみにしている。

留守番をすることになった宇佐木田氏と僕は、宇佐木田氏のコレクションルームでコーヒーを飲みながら
世間話をして過ごした。宇佐木田氏は駐車場の経営者"近隣(ちかどなり)さん"のことを話はじめた。
話によると近隣さんの会社では地方出身の従業員がずっと帰省してない状況が続いているらしい。
お盆もお正月の帰省していない従業員がほとんどで、宇佐木田氏は別会社に話すことではないが、
同じ環境で働いている仲間なので、数日前に近隣さんと話をしたそうだ。
「帰省する環境を作った方がいいという事を君に言うが、忘れないで欲しいのは
 君を困らせる気持ちは全くないということ。"ただいま"と"おかえり"という会話が増えたら
 なんて素晴らしいことなんだと思うだけだよ。」
と宇佐木田氏は近隣さんに話をしたという。例えばおじさんや兄やんが信じられなくなる苦しみが
僕の中にも起こることがあるが、家族だと言いにくいことも言ってしまうので喧嘩になりやすい。
でも人が信じられなくなる苦しみを解決する歌がある。
それはディランと凄いメンバーが……、もう一度言いますがディランととにかくスゴイメンバーが
ラストワルツで披露した「I shall be released」の歌詞に答えがある。僕なりの和訳をすると
「私は自分自身の影を見ることができる。そして解放することができれば、私は自分自身の光を見ることができる。」
どんなことでも解放することで、人を疑い過ぎてしまう心の影には癒し施され、
そして想定外の人々から感謝され、光を得ることができるのだ。

*****

僕はつい最近まで「手塚治虫のブッダ」に外伝が数話あることを知らなかった。
ここ数年に装丁も変えた新刊して発行されている「ブッダ」には特典として収録されている。
その外伝のひとつに『ルンチャイと野ブタの物語』という話があり、僕は感銘を受けた。そのことを宇佐木田氏に話すと、
なんと驚いたことに宇佐木田氏はこの外伝が収録されているのを知っていたのだ。
僕よりはるかに忙しい宇佐木田氏は知らないと思っていたが……
心の声として……知っているわりには口数も少ないし、いつもなら
"先が見えなくても前進していくルンチャイの素晴らしい行動"について語ってもおかしくないのに、
「知っていたよ。」の一点張りだ。やっぱり出世する人は負けず嫌いの向上心で
知らなかったとは言わないのだろう。
本人が知っていたよというなら、それでいいと思った。
そろそろお昼なので「まだ今年は食べてないでしょ?」と宇佐木田氏は言い、一緒に鰻屋へ出かけた。
後で宇佐木田氏が「ブッダ」全巻を注文して大人買いしても気づかないふりをしようと思った。

ニュージーランド大冒険Diary🌟③

息子さんの食欲が出て良かったですね。
ホッとしました。


マウント・クックはあいにくの雨模様。
様々に変化をするのも自然の価値観
なのかなと思います。


テカポ湖(Lake Tekapo)
教会に繋がるブリッジ。

鮮明な青の彩りが
見る人の心を潤してくれます。


善き羊飼いの教会(Church of the Good Shepherd)

開拓者による思いや気持ちが
並べられた石に込められているようです。


テカポ湖とサザンアルプスの風景。
綴られた文章からも世界観が伝わり


テカポ湖と氷河の関係も自然が生み出した
物事だと改めて実感しました。


町のカフェで美菜ちゃんはお絵かきを満喫中。


親しみやすい
TEKAPO4 SUPERMARKETのキャラクター Mr.4


ペッパーズブルーウォーターリゾート。

ダークスカイリザーブ(星空保護区)から
見える南十字星。 神秘的な星空体験。素敵ですね。


北島オークランド編楽しみにしています。


コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前とメールアドレスは必須です。メールアドレスは公開されません。)